☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

スウェーデンの浮体式洋上風力で漁業養殖との組み合わせを検討

スウェーデンの浮体式洋上風力で漁業養殖との組み合わせを検討 洋上風力発電
スポンサーリンク

スウェーデンの浮体式洋上風力で漁業養殖との組み合わせを検討

Freja Offshoreのプレスリリース【2024年3月7日掲載】

Nytt samarbete kan möjliggöra fiskodlingar i vindkraftsparken Mareld

(新たなコラボレーションにより、Mareld風力発電所での養殖が可能に)

https://www.mynewsdesk.com/se/freja-offshore-ab/pressreleases/nytt-samarbete-kan-moejliggoera-fiskodlingar-i-vindkraftsparken-mareld-3308369

HexiconとMainstream Renewable Powerの合弁会社であるFreja Offshoreは、開発計画を進めている「Mareld floating offshore wind farm」において、ノルウェーのSubfarmと協力し、洋上風力設置エリア内で漁業養殖場の設置に関する検討を開始したと発表。両社は電力生産と漁業をどのように組み合わせることができるか、詳しく検討するプロジェクトで協力する予定だという。

Freja OffshoreとSubfarmの洋上風力発電所内で漁業養殖を可能にするという開発プロジェクトには、リューセヒール市、デンマークの研究機関DHI(Danish Hydraulic Institute:デンマーク水理研究所)、ノルウェーの産業クラスターであるBlue Maritime Clusterも参加している。

Freja OffshoreのCEO Magnus Hallman氏は、水産物と洋上風力発電をスウェーデンが将来さらに必要とする2つの産業であるとした上で、これら2つの要素を組み合わせる方法を見つけたいと述べています。

Freja Offshoreは、昨年の2023年4月18日にスウェーデン経済水域法(Swedish Economic Zone Act)に基づき最大2.5GWの発電容量がある「Mareld floating offshore wind farm」の計画申請を提出。設置位置はノルウェーとデンマークの国境に近い、スウェーデンのリューセヒール(Lysekil)から西へ40km沖合。

Freja Offshoreのプレスリリース【2023年4月18日掲載】

Freja Offshore applies for permit for floating offshore wind farm on the west coast of Sweden

(Freja Offshore、スウェーデン西海岸の浮体式洋上風力発電所の許可を申請)

https://www.mynewsdesk.com/se/freja-offshore-ab/pressreleases/nytt-samarbete-kan-moejliggoera-fiskodlingar-i-vindkraftsparken-mareld-3308369

「Mareld floating offshore wind farm」

スポンサーリンク

養殖時は水深50~70mまでケージを降下

Freja Offshoreのプレスリリースによると、漁業養殖場は浮体式洋上風力タービンの間に配置され、独自の固定システムで係留されるという。ケージを水深50~70mまで降下させて養殖をおこない、検査や収穫時には水面まで引き上げて作業し、収穫後は船で陸上へ運ぶ。システム全体は陸上施設から制御できるそうです。

Subfarmは2018年から洋上風力発電所の設置エリア内で漁業養殖を可能にするソリューションの開発に取り組んでいるという。

スポンサーリンク

養殖漁業に関する記事

中国初の多機能レジャー漁業複合プラットフォーム
世界初の10万トン級スマート漁業養殖船が運用開始
中国で年間200トン以上の漁業生産を見込む養殖台船が進水
漁業養殖台船「乾動1号」が養殖海域に係留完了
中国で建設されている洋上風力と養殖漁業を融合させたプロジェクト
中国で6万5千立方メートルの半潜水式養殖いけすが進水
中国でレストランを併設した漁業養殖プラットフォームが運用開始
浮体式洋上風力と養殖漁業を融合させたプラットフォームがAIP取得
明陽智能が「洋上風力+養殖漁業」ジャケット基礎の建造開始
中国の海洋牧場複合施設「耕海1号」フェーズ2が稼働開始
明陽智能「洋上風力+養殖漁業」ジャケット基礎完成
養殖水域6万立方メートル、半潜水養殖観光プラットフォーム進水
「浮体式洋上風力+養殖漁業」、重量4,900トンの浮体進水
新型養殖プラットフォーム「珠海琴」建造スタート
総工費約50億円、複合養殖船「九洲一号」建造開始
全長86m、養殖プラットフォーム「格盛1号」建造開始
スウェーデンの浮体式洋上風力で漁業養殖との組み合わせを検討
DPSを搭載した養殖プラットフォーム「湛江湾一号」建造開始
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。