☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

全長86m、養殖プラットフォーム「格盛1号」建造開始

全長86m、養殖プラットフォーム「格盛1号」建造開始 漁業・養殖漁業
スポンサーリンク

全長86m、養殖プラットフォーム「格盛1号」建造開始

養殖プラットフォーム「格盛1号」の起工式
出典:China Classification Society

2023年11月6日、中国の広東省にある中遠海運重工(COSCO SHIPPING Heavy Industry)で養殖プラットフォーム「格盛1号」の建造が開始されました。珠海格力集団の子会社にあたる珠海格盛科技向けに建造される「格盛1号」は、2024年後半に稼働が予定されている。

養殖プラットフォーム「格盛1号」の大きさは全長86m、幅32m、養殖水域は3万m3。プラットフォーム上には多くの太陽光パネルが敷き詰められており、再生可能エネルギーにより稼働。さらに、自動給餌、環境モニタリング、水中ビデオ監視などのシステムを搭載。年間生産額は5,000万元、日本円に換算すると10億4,000万円が見込まれているという。

船名格盛1号
長さ86m
32m
高さ16.5m
喫水10.5m
養殖水域30,000m3
全長86m、養殖プラットフォーム「格盛1号」建造開始
養殖プラットフォーム「格盛1号」完成イメージ
出典:China Classification Society
スポンサーリンク

養殖漁業に関する記事

これまでにも中国では多くの養殖プラットフォームが建造されています。

中国初の多機能レジャー漁業複合プラットフォーム
世界初の10万トン級スマート漁業養殖船が運用開始
中国で年間200トン以上の漁業生産を見込む養殖台船が進水
漁業養殖台船「乾動1号」が養殖海域に係留完了
中国で建設されている洋上風力と養殖漁業を融合させたプロジェクト
中国で6万5千立方メートルの半潜水式養殖いけすが進水
中国でレストランを併設した漁業養殖プラットフォームが運用開始
浮体式洋上風力と養殖漁業を融合させたプラットフォームがAIP取得
明陽智能が「洋上風力+養殖漁業」ジャケット基礎の建造開始
中国の海洋牧場複合施設「耕海1号」フェーズ2が稼働開始
明陽智能「洋上風力+養殖漁業」ジャケット基礎完成
養殖水域6万立方メートル、半潜水養殖観光プラットフォーム進水
「浮体式洋上風力+養殖漁業」、重量4,900トンの浮体進水
新型養殖プラットフォーム「珠海琴」建造スタート
総工費約50億円、複合養殖船「九洲一号」建造開始
全長86m、養殖プラットフォーム「格盛1号」建造開始
スウェーデンの浮体式洋上風力で漁業養殖との組み合わせを検討
DPSを搭載した養殖プラットフォーム「湛江湾一号」建造開始
養殖ケージを備えた浮体式洋上風力タービンで稚魚1万匹受け入れ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む