☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国で6万5千立方メートルの半潜水式養殖いけすが進水

中国で6万5千立方メートルの半潜水式養殖いけすが完成 漁業・養殖漁業

 中国の福建省で養殖水域65,000m3の半潜水式養殖いけす「宁德一号」が進水。完成すると四礵列島しそうれっとうと呼ばれる福建省寧徳市の沖合に設置される予定。年間生産量は2,000トンを見込んでいる。

スポンサーリンク

養殖水域6万5千立方メートルの半潜水式養殖いけす「宁德一号」

 2022年11月9日、福建省福安市にある造船所で養殖水域65,000m3の半潜水式養殖いけす「宁德一号」が進水。2021年10月15日に着工し、建造は順調に進み13カ月で進水。完成すると福建省寧徳市の沖合にある四礵列島しそうれっとうと呼ばれる海域に設置される予定。

半潜水式養殖いけす「宁德一号」が設置される四礵列島

養殖水域65,000m3

全長120mの半潜水式養殖いけす「宁德一号」

 半潜水式養殖いけす「宁德一号」の大きさは、全長120m、幅56m、全体高さ32m。養殖水域の深さは11.5mあり、体積は65,000m3という大きさ。荒天時にはケージ全体を沈めることで、台風にも耐える構造になっているらしい。

年間生産量は2,000トン

 1億元(日本円に換算すると20億円)を超える建造費用をかけてつくられた半潜水式養殖いけす「宁德一号」の年間生産量は2,000トンを見込んでいるそうです。

フウセイ(大黄魚:硬骨魚綱スズキ目ニベ科に属する海水魚)

 養殖されるのは中華料理では一般的なフウセイと呼ばれる海水魚。中国の大規模な沖合養殖関係の生産魚種には高い確率で”大黄魚”が登場します。それだけ需要があるからなんでしょうけど、養殖する魚として扱いやすいなどの理由もあるのかもしれません。

 年間120万尾、2,000トンの養殖生産量を見込み、金額に換算すると1億2千万元になるそうです。日本円に換算すると24億円。

 

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました