☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国でレストランを併設した漁業養殖プラットフォームが運用開始

中国でレストランを併設した漁業養殖プラットフォームが運用開始 漁業・養殖漁業

 中国で半潜水式の漁業養殖プラットフォームにレストランや客室、釣りを楽しめるエリアなどの娯楽施設を搭載した「闽投1号」(闽投宏东号)が正式に運用を開始。62,000m3の養殖水域では600トンの大黄魚が養殖できるそうです。

スポンサーリンク

中国でレストランを併設した漁業養殖プラットフォームが運用開始

 2022年12月15日、福建省 福州市の定海湾に係留された漁業養殖プラットフォーム「闽投1号」(闽投宏东号)が正式に運用を開始したそうです。建造されたのは同じく福州市にある「馬尾造船」。

中国で年間200トン以上の生産を見込む養殖台船が進水
馬尾造船で建造された漁業養殖台船「乾動1号」

 建造をおこなった「馬尾造船」では、同じような漁業養殖台船「乾動1号」が建造されています。こちらは2022年9月に養殖海域の定海湾に曳航されて係留が完了しています。

 以前の記事でも取り上げましたが、定海湾には他にも同様の漁業養殖台船がいくつか係留され、養殖漁業がおこなわれています。「定海湾1号」「定海湾2号」「振漁1号」など。

建造場所の「馬尾造船」から運用をおこなう係留場所の定海湾の位置図

レストランなど観光、娯楽施設をプラットフォーム内に併設

 漁業養殖プラットフォーム「闽投1号」(闽投宏东号)の大きさは全長92m、幅36m、高さ27m。船体は半潜水式になっていて、潜水させた状態で養殖水域は62,000m3、600トンの大黄魚が養殖できるそうです。だいたい中国でこの手の養殖台船で養殖する魚種に登場するのは”大黄魚”。そして養殖生産量に使用される換算値は養殖水域1万m3に対して100トン。

「闽投1号」の中に併設されているレストラン

 これまでの養殖台船に無かった特徴としてレストランや客室を併設しているところ。

 レストランは116人を収容可能な広さ、部屋から海を眺めることが出来る客室は25室、他にも48人が利用可能な会議室や釣りを楽しめるエリアなどがあるそうです。

 養殖漁業と観光施設を融合。船に乗って移動してきて、美味しい魚料理を堪能、そのまま泊まって翌日帰る・・・なかなか良いかも。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました