モノパイルの洗掘保護「HexDefence」をジャケットへ展開

モノパイルの洗掘保護「HexDefence」をジャケットへ展開 洋上風力発電
スポンサーリンク

モノパイルの洗掘保護「HexDefence」をジャケットへ展開

洗掘保護システム「HexDefence」(左)モノパイル基礎用 と (右)ジャケット基礎用
出典:Balmoral

2023年10月20日、スコットランドのアバディーンに本拠を置くBalmoralは、着床式洋上風力タービンの洗掘を防止する洗掘保護システム「HexDefence」をジャケット基礎用に設計した製品を発表。

モノパイル基礎の洗掘保護として開発された「HexDefence」をジャケット基礎用に拡張した製品は、モノパイル外周へ垂直に配置していたパネルをジャケット基礎の足元へ取り囲むように配置し、海底面を覆うようなスタイルへ改良。海底保護と流量減少による運用コストの低減と洗掘による海底ケーブル損傷を防止するという効果は変わらないという。

 モノパイル基礎の洗掘保護として開発された「HexDefence」の記事

スポンサーリンク

軽量で高度な複合材構造

「HexDefence」GRP構造のパネル (左)モノパイル基礎用 と (右)ジャケット基礎用
出典:Balmoral

着床式洋上風力タービンが設置される比較的浅い海域で洗掘が予想される場合は、基礎周辺の海底面に石やコンクリート製品などを設置して洗掘防止対策をおこないますが、同等の効果が得られる「HexDefence」では、モノパイル外周およびジャケット基礎の足元に軽量のGRP構造で製作されたインターロッキングパネルを取り付けるだけ。施工が容易であるという点も特長のひとつ。

洗掘防止という効果に加えて、従来の方法と比べて施工時に排出する二酸化炭素の低減が見込まれている。さらに、洗掘防止対策に膨大な施工費が懸念され、財政的な理由から洋上風力発電所の立地候補から除外されていたプロジェクトが実現可能になる可能性があるという。

GRPとは?

GRPとは、エポキシ樹脂やフェノール樹脂などにガラス繊維や炭素繊維などの繊維を複合して強度を向上させた強化プラスチックであるFRP(繊維強化プラスチック)のうち、強化材としてガラス繊維を用いたもの。GFRP(Glass-Fiber-Reinforced Plastics)とも呼ばれる。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました