☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

ノルウェー企業が共同で洋上風力向けメタノール燃料船を建造

ノルウェー企業が共同で洋上風力向けメタノール燃料船を建造 洋上風力発電
スポンサーリンク

ノルウェー企業が共同で洋上風力向けメタノール燃料船を建造

出典:Eidesvik Offshore ASA
Eidesvik Offshoreの掲載記事【2024年2月19日掲載】

Eidesvik Offshore launches world’s first methanol-powered vessel for subsea and offshore wind

(Aidesvik Offshore、世界初の海底および洋上風力発電用のメタノール燃料船を進水)

https://eidesvik.no/eidesvik-offshore-launches-worlds-first-methanol-powered-vessel-for-subsea-and-offshore-wind/

2024年2月19日、ノルウェーのEidesvik Offshoreは同国のAgalasと共同でメタノールまたは低硫黄船舶用軽油(MGO,Marine Gas Oil)のデュアル燃料船に加えてバッテリーハイブリッドシステムを備えた洋上風力向けとなる建設支援船(CSV,Construction Support Vessel)の建造を発表しました。

船体設計はNSK Ship Designによるもので、船体の形状は長さ99.9m、幅21m。定員100人で900m2の甲板面積と動作補償機能が付いた150トン吊りのクレーンを搭載している。

トルコのSefine Shipyardで建造が予定されており、2026年初めに完成・引き渡しの予定。完成したCSVは、Eidesvik OffshoreとAgalasが共同出資するEidsvik Agalas AS(出資比率 Eidesvik Offshore:50.1%、Agalas:49.9%)が所有し、引き渡し後にReach Subseaと3~5年の定期用船契約を締結する見込み。

さらに、Sefine Shipyardでの建造契約には追加で4隻の建造オプションがあるという。なので掲載画像に計5隻の新造船が掲載されているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。