Siemensの14MW風車が24時間出力359MWhを記録

Siemensの14MW風車が24時間出力359MWhを記録 洋上風力発電

 Siemens GamesaのオフショアプロトタイプSG 14-222 DDが24時間で359MWhの出力を記録。この記録は、1つのタービンが24時間で出力した電力では最大。

スポンサーリンク

Siemens Gamesaのプロトタイプが出力最大記録を更新

 デンマーク北部にあるウスタイル(Østerild)試験場に設置されたSiemens GamesaのオフショアプロトタイプSG 14-222 DDが24時間出力で359MWhを記録。

 単純に時間出力に換算すると 359MWh ÷ 24時間 = 14.96MW

 SG 14-222 DDは、イギリスの「Sofia wind farm」、スコットランドの「Moray West」、台湾の「Hai Long projects」、アメリカの「Coastal Virginia Offshore Wind」で設置予定となっている。

オフショアプロトタイプSG 14-222 DDが設置されているウスタイル(Østerild)試験場の位置
Siemens GamesaのTwitter
Twitter掲載文の翻訳

SG 14-222 DD オフショア プロトタイプが記録を打ち立てました! 💪タービンは 24 時間で 359 メガワット時を生成しました。これは、1 つのタービンがこの期間に生成した中で最大の電力であり、中型の電気自動車で 180 万 km を走行するのに十分なエネルギーです!

 SG 14-222 DDのプロトタイプは2021年11月に設置。

プロトタイプSG 14-222 DD設置の様子

パワーブースト機能により最大15MWに

オフショアプロトタイプSG 14-222 DD
出典:YouTube | SiemensGamesa

 Siemens GamesaのHPに掲載されている情報によるとSG 14-222 DDは公称出力14MW、ローター直径222m、ブレード長さ108m、受風面積39,000m2。パワーブースト機能を使用すると最大15MWの容量が可能。

これまでの24時間出力記録はGE Haliade-X

ロッテルダム港に設置されたGE Haliade-Xのプロトタイプ

 今回のプロトタイプSG 14-222 DDが記録した24時間出力359MWh。以前の記録はGE Haliade-Xによる312MWh。

GE Haliade-X プロトタイプの記事
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました