☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

英国の特許裁判ではSiemensがGEに敗れる

英国の特許裁判ではSiemensがGEに敗れる 洋上風力発電

 SiemensがGEに対して英国で起こしていた特許訴訟について、訴えがあったSiemensの特許は無効という判断が下されたようです。米国内でHaliade-Xの製造・販売禁止という裁定が下された後に出された英国での異なる判決。それだけ微妙な特許についての裁判という事なのか、又は焦点になっている特許が別物なのか。

 Siemensは米国での裁定と同じような結果を望んでいたのでしょうか。大切な技術が盗用されれば企業として大きな損失になるので訴訟を起こすことは理解できますが、周りから見るとバチバチにやり合っているように見えて少し恐ろしい気持ちになります。

スポンサーリンク

英国の特許裁判ではSiemensがGEに敗れる

Siemens Gamesa loses UK patent dispute over GE wind turbines

(Siemens GamesaはGE風力タービンに関する英国特許紛争に敗れる)

Siemens Gamesa loses UK patent dispute over GE wind turbines | Reuters

 Siemens Gamesaがロンドンの裁判所で起こしていたGE(General Electric)に対する特許訴訟で裁定が下された。

米国ではHaliade-Xが米国内での製造・販売禁止という裁定

 2022年11月30日、ロンドン高等裁判所の裁判官は、Siemens Gamesaが訴えているGEのHaliade-Xについて、ローターハブでのベアリング使用に関する欧州特許を侵害したとする主張に対し、Siemens Gamesaはそれに対する有効な特許を持っていないと述べた。さらに完全に組み立てられたHaliade-X、それに含まれるハブもSiemens Gamesaの特許の範囲に含まれていないと述べた。

 この特許裁判の控訴審は2023年1月初旬におこなわれる予定。

 すでに動き出しているHaliade-Xを採用するプロジェクトもあるので、当事者だったらと思うと背筋が冷たくなります。顧客側からすると何かややこしい事に巻き込まれるのはご免なのでSiemensでもGEでもない、他のタービンメーカーに発注しようかな、とかいうことになったりしないのでしょうか。

 今後の特許裁判のゆくえが気になります。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました