☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

ONEが風力推進装置「VentoFoil」をコンテナ船に試験設置

ONEが風力推進装置をコンテナ船に試験設置 船舶
スポンサーリンク

ONEが風力推進装置「VentoFoil」をコンテナ船に試験設置

出典:Ocean Network Express
Ocean Network Expressのプレスリリース【2023年11月23日掲載】

ONE EMBARKS ON WIND PROPULSION TRIAL FOR A SUSTAINABLE MARITIME FUTURE

(ONEが持続可能な海の未来に向けて風力推進試験に着手)

https://jp.one-line.com/en/news/one-embarks-wind-propulsion-trial-sustainable-maritime-future

2023年11月23日、Ocean Network Express(ONE)はオランダのEconowindと提携し「VentoFoil」と呼ばれるコンテナ化された風力推進補助装置2基をコンテナ船「KALAMAZOO」へ試験的に設置する予定を明らかにしました。

「VentiFoil」を設置する予定のコンテナ船「KALAMAZOO」はNORSE UKが所有し、シンガポールのGoodwood Ship Managementが運航管理をおこなっているという。全長143m、コンテナ積載量1,036TEUのコンテナ船「KALAMAZOO」は釜山、横浜、ホノルル間を運航しており、試験は2024年1月からおよそ6カ月間実施される予定。燃料消費量、排出削減量、全体的な運用効率に関するデータを収集し、試験結果は持続可能な輸送ソリューションとしての風力推進の長期的な実現可能性を評価するために使用されるという。

船名KALAMAZOO
総トン数9,743トン
載貨重量トン12,593トン
コンテナ積載量1,036TEU
長さ143m
23m
建造年2013年
コンテナ船「KALAMAZOO」
出典:FleetMon | Pattaya
スポンサーリンク

2023年7月に日本郵船も導入を発表

日本郵船のプレスリリース【2023年7月24日掲載】

当社グループ初 運航船に風力推進アシスト装置を導入

https://www.nyk.com/news/2023/20230724_01.html

2023年7月に日本郵船もEconowindの「VentoFoil」導入を発表しています。導入する船舶は自社グループのNYK Bulkship (Atlantic) が保有するばら積み船の予定。

スポンサーリンク

風力推進補助装置「VentoFoil」

出典:Econowind

「VentoFoil」の形状は飛行機の翼に似ており、両面の気圧差で推進力を生み出す仕組み。さらに、スマートサクション(smart suction)と呼ばれる翼に開けられた吸い込み口から風を取り込み、気圧差を増幅させることで空気の流れを最適化し、推力を最大化させることができるという。

船橋から立ち上げや折り畳んだりする操作が可能で、推力を生み出す翼の部分は風速・風向および自船の速度によって完全に自動で調整される。橋などの高さ制限がある場所や狭い航路で風による影響が操船に影響する場合などは、容易に折り畳む操作をおこなうことができる。

スポンサーリンク

【動画】「VentoFoil」の動作状況

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました