米国で既存OSVをSOVに転換、洋上風力需要に対応

米国で既存OSVをSOVに転換、洋上風力需要に対応 洋上風力発電
スポンサーリンク

米国で既存OSVをSOVに転換、洋上風力需要に対応

Hornbeck Offshoreの掲載記事【2023年7月12日掲載】

HORNBECK OFFSHORE TO CONVERT ONE HIGH-SPEC OSV TO AN SOV / FLOTEL

(HORNBECK OFFSHORE、1台のハイスペックOSVをSOV/FLOTELに変換)

http://hornbeckoffshore.com/company/news/hornbeck-offshore-to-convert-one-high-spec-osv-to-an-sov-flotel

Hornbeck Offshore Services は、アメリカの洋上風力発電市場における需要に応えるため、Eastern Shipbuilding Group と洋上支援船(OSV,offshore supply vessel)の1隻をサービス運用船(SOV,service operation vessel)に転換する契約を結んだことを発表した。

これは面白い発想。アメリカのジョーンズ法には米国建造という要件がありますが、SOVに転換する予定のOSVはEastern Shipbuilding Groupによって2014年にアメリカで建造されており、米国建造要件を満たしているという。

引き渡し予定は2025年春。

新造船よりも既存船の転換(コンバート)がトレンドになるかも

アメリカのウィスコンシン州にあるフィンカンティエリベイ造船所では、ジョーンズ法に準拠したSOVが新造されていますが、こちらの完成・引き渡し予定は2026年。なので、今回発表された転換SOVの方が完成は早い。既存船を転換する方が工程的に有利となれば、今後も増えてくる可能性はある。

転換を実施するEastern Shipbuilding GroupのCEOは、洋上風力発電の新興国であるアメリカにとって市場の成長に貢献する革新的なプロジェクトだと述べている。

スポンサーリンク

転換SOV「HOS SOV TM 300E」

長さ85.34m
不明
宿泊設備90人以上
稼働条件波高2.5m
米国で既存OSVをSOVに転換、洋上風力需要に対応
「HOS SOV TM 300E」
出典:HORNBECK OFFSHORE

転換するSOVの設計をおこなっているのは、イタリアの造船会社フィンカンティエリ傘下のVARD。最新のSOV設計に基づいて設計されているという。

転換SOVには90人以上を収容できる宿泊設備があり、長さ30mの動作補償付きタラップ、最大10トンの3D動作補償が付いたクレーンの他にヘリデッキなどを搭載し、最大波高2.5mという条件で安全に作業が出来るという。既存のディーゼルエンジンに加え1,500kWhのバッテリーハイブリッド電源システムにより、洋上での稼働中および港内での排出量削減が可能。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました