☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

南極大陸にニュージーランドの新観測基地を運搬するプロジェクト

南極大陸にニュージーランドの新観測基地を海上運搬するプロジェクト 宇宙、自然、歴史

 1957年に開設した南極大陸にあるニュージーランドの観測基地「スコット基地」に代わる新観測基地を設置するというプロジェクト。8つのモジュールに分割した状態で南極大陸まで運ぶという。海上運搬を行うのはBigLift Shippingが所有する重量物運搬船「BigLift Baffin」。2027年1月に南極大陸へ運ぶ予定。

スポンサーリンク

南極大陸にニュージーランドの新観測基地を運搬するプロジェクト

出典:Youtube | BigLift Shipping

BigLift to deliver Scott Base research station Antartica

(BigLift が南極大陸のスコット基地研究ステーションを配達)

https://www.bigliftshipping.com/en/latest/biglift-to-deliver-scott-base-research-station-antartica

 1957年に開設した南極大陸にあるニュージーランドの観測基地「スコット基地」に代わる新観測基地を設置するスコット基地再開発プロジェクト。

ティマルーでのモジュール積込作業
出典:Youtube | BigLift Shipping

 設置方法は、3つの建物を8つのモジュールに分割した状態で製作し、重量物運搬船「BigLift Baffin」に積み込んで運ぶというもの。

 それぞれのモジュール重量は約800トン。

 積込に使用するのは、MammoetのSPMT(Self-Propelled Module Transporter)と呼ばれる重量物運搬車両。

 2023年半ばからニュージーランドのティマルー(Timaru)で新観測基地のモジュール建設が開始される予定で、テストや試運転を含め期間は3年半かかるそうです。なのでモジュールが完成するのは2026年末くらい。

ニュージーランドから南極大陸への経路

 そして、2027年1月に重量物運搬船「BigLift Baffin」へ搭載してスコット基地がある南極大陸まで海上運搬。ニュージーランドのティマルーから南極大陸のスコット基地までは3,720km、約2,000マイル。「BigLift Baffin」のサービス速力は13ノット(最大速力15ノット)。

 【運搬にかかる所要日数】 2,000マイル ÷ 13ノット ÷ 24時間 = 6.4日

 運搬には、およそ1週間くらいかかる。

スポンサーリンク

耐氷能力を備えた重量物運搬船「BigLift Baffin」

重量物運搬船「BigLift Baffin」
出典:FleetMom | WalAndPl

 BigLift Shippingが所有する重量物運搬船「BigLift Baffin」。2016年に建造され、船体寸法は全長173m、幅42m、深さ12m、設計喫水5.5m、総トン数23,134トン。

Sleipnirのクレーン部材を運搬する「BigLift Baffin」
出典:Youtube | BigLift Shipping

 貨物を搭載する甲板スペースは長さ125m、幅42m、面積は5,250m2。過去には「Sleipnir」向けに製造された長さ144mのブームを運搬した実績がある。

 甲板強度は20トン/m2あり、載貨重量トン数は20,675トン。最大速力は15ノット、宿泊設備は最大60人分を備えている。

 耐氷能力を示すアイスクラスは、Finnish-Swedish Ice Classと呼ばれる冬季バルト海航行船舶のためのフィンランド及びスウェーデンが定める要件で「IA」という上から2番目の階級。

 他の機関によるクラス分けとして、国際船級協会連合(IACS)の極地氷海船階級(Polar Class)があります。こちらはPC1を筆頭にPC7までの7段階に分類。先程のFinnish-Swedish Ice Class「IA」は最も耐氷性能が低いPC7と同等。対応している海域の条件として、時期は夏秋で多年氷が一部混在し、薄い氷がある海域。

スポンサーリンク

スコット基地へモジュール運搬

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました