有人潜水艇により小笠原海溝の最深部到達、日本記録更新

有人潜水船により小笠原海溝の最深部到達、日本記録更新宇宙、自然、歴史

 2022年8月13日、日本人が乗る有人潜水艇が小笠原海溝の最深部、水深9,801メートルに到達。60年ぶりに日本人としての最深記録を更新。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカ企業の有人潜水艇「DSV Limiting Factor」

日本人初 水深9801メートルの深海に到達 最深記録60年ぶり更新

この調査は、東京海洋大学や名古屋大学、それに海外の大学などで作るグループが8月5日から行っているもので、アメリカの民間企業の高性能有人潜水艇、「リミッティングファクター号」で日本周辺の水深6000メートルよりも深い「超深海」での調査を進めています。

日本人初 水深9801メートルの深海に到達 最深記録60年ぶり更新 | NHK
有人潜水艇はアメリカ製

 残念ながら小笠原海溝の最深部、水深9,801メートルに到達した有人潜水艇「DSV Limiting Factor」は日本のものではありません。Caladan Oceanicという民間企業が、フロリダを拠点とする民間潜水艇の設計および製造を行うTriton Submarinesに依頼して建造した有人潜水艇。

日本記録を60年ぶりに更新

 これまでの日本人による有人潜水艇の最深記録は、1962年に海洋物理学者の佐々木忠義氏がフランスの潜水艇「アルシメード号」で千島・カムチャツカ海溝の水深9,545メートル。

 そして、今回到達したのは水深9,801メートル。これまでの記録を256m更新。どちらも想像を絶する数字ですね。60年前の水深9,545m到達という記録もすごい。

 ですが、残念なのが両者ともに有人潜水艇は国産では無いという点。がっかり。

 水深9,801メートル到達時、有人潜水艇「DSV Limiting Factor」に搭乗していたのは、名古屋大学大学院の道林克禎教授とパイロットのヴィクター・ヴェスコヴォ氏。

 もっとたくさん乗っていきたいところですが、この有人潜水艇の最大定員が2名。1名はパイロット確定であと1人しか乗れない仕様。

 それにしてもスゴイ記録。

有人潜水艇「DSV Limiting Factor」の概要

耐圧殻の内部
出典:Caladan Oceanic

 最大潜航深度11,000mの有人潜水艇「DSV Limiting Factor」。人が乗船する部分は、厚さ90mmのチタン合金製耐圧殻と呼ばれる直径1.5mの球体。そこに2人が乗船する。ちなみに、日本の有人潜水艇「しんかい6500」の耐圧殻は厚さ73.5mm、直径2mで乗員数は3人。

長さ4.60m
1.90m
高さ3.70m
気中重量11.7トン
 潜航深度  11,000m 
乗員数2人
耐圧殻内径1.50m
ペイロード220㎏
有人潜水艇「DSV Limiting Factor」の概要

支援母船「DSSV PRESSURE DROP」

「DSV Limiting Factor」を進水する支援母船「DSSV PRESSURE DROP」
出典:Caladan Oceanic

 有人潜水艇「DSV Limiting Factor」の支援を行うのが支援母船「DSSV PRESSURE DROP」。

 調査海域までの運搬、進水や整備、潜水調査中の通信などを行う。

 AIS情報が確認できるので、どこで潜水調査を行っているか探索できます。日本周辺での調査を9月19日まで行う予定。

 AIS情報を確認した時は、千葉県の沖合を東に向かって移動中でした。

支援母船「DSSV PRESSURE DROP」のAIS情報

探検家 ヴィクター・ヴェスコヴォ(Victor Vescovo)

ヴィクター・ランス・ヴェスコヴォ(Victor Lance Vescovo)
出典:Wikipedia | By Tamara Stubbs – Vlvescovo, CC BY-SA 4.0, Link

 有人潜水艇「DSV Limiting Factor」のパイロットを行うヴィクター・ヴェスコヴォ氏。数々の記録を持っている。

 2019年4月28日、マリアナ海溝最深部、チャレンジャー海淵に到達した4人目の人類。そして、世界5大洋の最深部に単独潜航。2022年6月には宇宙飛行を経験。まさに百戦錬磨、屈強な精神力の持ち主。

 こんな人がパイロットしてくれる有人潜水艇は心強いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
宇宙、自然、歴史
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました