☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「Provence Grand Large」1基目が沖合へ出港

「Provence Grand Large」1基目が沖合へ出港 洋上風力発電
スポンサーリンク

「Provence Grand Large」1基目が沖合へ出港

2023年9月11日、フランスの浮体式洋上風力試験プロジェクト「Provence Grand Large」で1基目の浮体式洋上風力タービンが、フォス湾から17km沖合に位置する設置エリアへ向けて曳航されました。

浮体部分の製造はフォス=シュル=メール(Fos-sur-Mer)にあるEiffage Métal造船所でおこなわれ、2023年5月に進水。その後、浮体上部に風力タービンを搭載する作業が進められてきました。浮体式の洋上風力タービン3基を設置する予定で、それぞれの出力は8.4MW。2023年に完成予定。

風力タービンは、日本の石狩湾新港で設置がおこなわれているものと同じSiemens Gamesa製。日本国内に設置されている最大級の風力タービンが海に浮いているというのは驚くべき点。

フォス湾から設置エリアへ曳航される1基目の浮体式洋上風力タービン

スポンサーリンク

浮体式洋上風力試験プロジェクト「Provence Grand Large」

「Provence Grand Large」の概要
  • 設置位置:フランス フォス湾から17kmの地中海、水深約100m
  • 発電容量:25.2MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 8.4-167 DD、8.4MW×3基
  • 風車基礎:浮体式、TLP
  • 風車形状:ローター直径 167m、ブレード長さ 81.4m
  • 完成予定:2023年
浮体式洋上風力タービンの設置イメージ
出典:Provence Grand Large

フランス初の浮体式洋上風力試験プロジェクト「Provence Grand Large」。洋上風車を設置する場所はフランス南部の地中海に面したフォス=シュル=メール(Fos-sur-Mer)の沖合17km、水深約100mの海域。「Provence Grand Large」の位置付けは、浮体式洋上風力発電所が経済的に実行可能であることの実証を目的とした試験的プロジェクト(pilot project)。

「Provence Grand Large」は2023年に完成する予定。運転を開始すると45,000人の消費電力量に相当する電力を生産するという。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました