☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

フランスで浮体基礎に8MW風力タービン組み立て完了

フランスで浮体基礎に8MW風力タービン組み立て完了 洋上風力発電
スポンサーリンク

フランスで浮体基礎に8MW風力タービン組み立て完了

フランス南部の地中海に面したフォス=シュル=メール(Fos-sur-Mer)の沖合に建設が進められている浮体式洋上風力パイロットプロジェクト「Provence Grand Large」で、浮体基礎上に1基目の風力タービンを組み立てる作業が完了。

浮体基礎は底面が1辺80mの三角形で高さは45m、重量は約3,000トン。2023年5月に製作していた陸上ヤードから半潜水式バージ「Boa Barge 36」を使用して進水させていた。「Provence Grand Large」では、3基の浮体式洋上風車を設置する計画となっており、引き続き残りの2基についても浮体基礎に風力タービンを組み立てる作業がおこなわれるという。

スポンサーリンク

ブレード取付作業ではクレーン2台使用

浮体基礎に設置するのは、Siemens Gamesaの出力8.4MW風力タービン。フランス北西部のル・アーブル(Le Havre)にあるSiemens Gamesaの工場で製造され、2023年4月に組み立てをおこなうポール=サン=ルイ=デュ=ローヌ(Port-Saint-Louis-du-Rhône)に運ばれていました。

タワー、ナセル、ハブの設置後におこなわれたブレードの取り付け作業では、2台のクレーンを使用して相吊りで設置作業をおこなっています。

専用吊具を使用する方法や地上でハブにブレードを取り付けた状態で大組みしたものを設置する方法など、やり方は色々ありますがそれぞれにメリット・デメリットがあり現場条件や工程、安全、予算などを考慮して選定されていると思われる。

スポンサーリンク

浮体式洋上風力パイロットプロジェクト「Provence Grand Large」

「Provence Grand Large」の概要
  • 設置位置:フランス フォス湾から17kmの地中海、水深約100m
  • 発電容量:25.2MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 8.4-167 DD、8.4MW×3基
  • 風車基礎:浮体式、TLP
  • 風車形状:ローター直径 167m、ブレード長さ 81.4m
  • 完成予定:2023年

浮体式洋上風力パイロットプロジェクト「Provence Grand Large」は今年中に完成する予定。45,000人の消費電力量に相当する電力を生産する見込み。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。