米国「Coastal Virginia」でCAPEのバイブロ使用

米国「Coastal Virginia」でCAPEのバイブロ使用 洋上風力発電
スポンサーリンク

米国「Coastal Virginia」でCAPEのバイブロ使用

CAPE Hollandのバイブロハンマー「CAPE VLT-640 Quad spread」
出典:CAPE Holland

2024年4月15日、オランダのCAPE Hollandは「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」でモノパイル設置に使用するバイブロハンマーについてDEMEと契約したことを発表。

Dominion Energy が開発を進めているアメリカ東海岸バージニア州のバージニアビーチから東へ27マイル(約43km)で建設が計画されている「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」では、Siemens Gamesa の風力タービン「SG 14-222 DD」176基の設置と洋上変電所3基の設置する予定。CAPE Hollandは契約に基づき、「CAPE VLT-640 Quad spread」と別個の「CAPE VLT-640 unit」を提供するという。

設置するモノパイルは直径8.5m、重量1,500トンというサイズ。建て込みと1次打設をCAPEのバイブロハンマーでおこない、最終深度への打ち込みは油圧ハンマーを使用する。

CAPE Hollandのバイブロハンマーを使用して施工をおこなうのは、DEMEの5,000トン吊りクレーン船「Orion」。つい最近、「Moray West Offshore Wind Farm」での施工を終えた直後、スコットランドからアメリカへ回航しており、その甲板には既に使用するCAPE Hollandのバイブロハンマーが積まれた状態。「Moray West」でも使用していたのでクレーン船「Orion」の甲板に積まれているのは当然のことですが、CAPE Hollandのプレスリリースでそのように説明されています。

モノパイルとジャケット基礎杭でバイブロハンマーを使い分け

「Moray West」での「Orion」によるモノパイル設置
出典:DEME Group

クレーン船「Orion」に積まれている「CAPE VLT-640 Quad spread」と別個の「CAPE VLT-640 unit」という2種類のバイブロハンマーは、風力タービン基礎のモノパイルと洋上変電所のジャケット基礎杭で仕様が異なり使い分けるために複数が納入されているという。

「Moray West」で「Orion」がモノパイル設置に使用していたのは「CAPE VLT-640 Quad spread」でした。

ジャケット基礎杭を打設する ”別個の「CAPE VLT-640 unit」” というのがシングルなのかタンデムなのかは不明。

14MWの風力タービンを支えるモノパイルとジャケットを固定する基礎杭では杭径が全く違うので杭をチャッキングするアタッチメントが異なり、もし同一の振動体で打設可能であってもアタッチメントを交換するだけで数日間はかかりそう。

バイブロハンマーを使用することは、杭打設時のパイルランリスク対策だけでなく、より静かで環境に優しい施工方法として採用するプロジェクトの割合が増えてきているように思えます。

スポンサーリンク

「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」の概要

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました