☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

2,600トン吊りのユニークな岸壁クレーン「Skyhook」

2,600トン吊りのユニークな岸壁クレーン「Skyhook」 建設機械・機器
スポンサーリンク

2,600トン吊りのユニークな岸壁クレーン「Skyhook」

中国南東部の福建省漳州市にある Huisman China に設置されている岸壁クレーン「Skyhook」。延長380m、水深17mの岸壁では各種Huisman製品の荷役やクレーン搭載作業などが「Skyhook」によっておこなわれている。

「Skyhook」の最大吊り上げ能力は2,600トン。特徴的なのは、背面側にぶら下げているスーパーバラスト(SB)と呼ばれる円筒形の巨大なカウンターウェイト。このSBは着脱が可能で、SBを付けていない状態だと最大吊り上げ能力は1,200トン。吊り上げる吊荷の重量によって切り替えが出来るので作業性が向上し、効率アップにつながる。岸壁上に敷かれたレールを走行する「Skyhook」は、最大負荷の2,600トンを吊り上げた状態でも走行が出来るそうです。

SBクレーン能力作業半径
有り2,600トン30m
無し1,200トン23m
「Skyhook」のクレーン能力
SB(スーパーバラスト)を外した状態の「Skyhook」
出典:YouTube | Huisman

2012年12月に設置完了

「Skyhook」の設置作業
出典:Huisman

「Skyhook」の設置が完了したのは、2012年12月。Huismanの掲載記事によると、完成時の最大吊り上げ能力は2,600トンではなく2,400トンでした。いつアップグレードされたのかは不明。

設置に向けた埋立や岸壁補強の設計と申請は、2009年に開始。10万m2の埋立を含む建設作業は2011年1月23日にスタートし、延長380mの岸壁は耐荷重40トン/m2に補強されているという。

クレーンポストに書かれている「擎天吊」の意味

「Skyhook」のクレーンポストに書かれた「擎天吊」の文字
出典:YouTube | Huisman

何となく漢字から伝わってくるニュアンスで意味は想像できますが、”擎”(敬の下に手)は、ささげるとか高く持ち上げるという意味があり、「擎天吊」を直訳するとスカイクレーン。なので「Skyhook」を中国語で表記しているものと思われる。

スポンサーリンク

世界最大のクレーン船「Sleipnir」のクレーン部材を出荷

これまでに Huisman China では、「Skyhook」によって数々のクレーン船へHuisman製クレーンの搭載や製品の出荷をおこなっています。その中には、2019年にシンガポールのSembcorp Marineで建造された世界最大の20,000トン吊りクレーン船「Sleipnir」のメインクレーンも含まれています。

「Bokalift 1」「Bokalift 2」のクレーンを搭載

「Skyhook」で直接クレーンを設置した実績も数多くありますが、中でもクレーン能力の大きなものに3,000トン吊りの「Bokalift 1」と4,000トン吊りの「Bokalift 2」があります。

4,000トン吊りの「Bokalift 2」のメインクレーン搭載に関しては、つい1週間ほど前にHuismanのLinkedInに作業の様子が投稿されています。もともとTransoceanが所有していた掘削船「GSF JACK RYAN」を自航式のクレーン船に改造した「Bokalift 2」は、ドバイに本拠を置くDrydocks Worldで主要な船体改造がおこなわれましたが、メインクレーン搭載の為に中東のドバイから中国へ移動して2022年に「Skyhook」でクレーン設置をおこなっています。

現在、「Bokalift 2」はアメリカの「South Fork Wind」で風力タービン基礎のモノパイル設置作業中。

「Skyhook」による「Bokalift 1」の3,000トン吊りメインクレーン搭載
出典:YouTube | Huisman

「Bokalift 2」のクレーン搭載作業ではクレーンポストとブームを別で設置していましたが、「Bokalift 1」の3,000トン吊りクレーンは、驚くべきことにブームやフックなどすべてを一体化した状態で搭載作業がおこなわれました。いろんな工夫が施された上で実現しているんでしょうけど、施工・工程・安全などメリットは大きい。

Huisman製のクレーンを搭載した「Bokalift 1」は、台湾の「Changfang & Xidao(彰芳暨西島) offshore wind farms」で風力タービン基礎のジャケット設置作業をおこなっています。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました