「Sleipnir」がDunlin油田のトップサイドを撤去

「Sleipnir」がDunlin油田のトップサイドを撤去石油プラットフォーム

 世界最大のクレーン船「Sleipnir」がスコットランドにあるDunlin Alphaプラットフォームのトップサイドを撤去。

 トップサイド撤去の様子と記事後半ではDunlin Alphaプラットフォーム建造時(45年前)の様子もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Dunlin Alphaプラットフォーム

 Dunlin油田は、スコットランドのシェトランド州ラーウィックの北東195 kmに位置している。Dunlin Alphaプラットフォームは、1977年に設置、1978年8月から生産を開始、2015年に廃止計画が発表されていた。

Dunlin油田
Heerema Marine Contractorsの掲載記事

Dunlin Alphaの廃止措置における重要なマイルストーンのトップサイド撤去

Topsides removal a significant milestone in decommissioning of Dunlin Alpha (heerema.com)
撤去したトップサイド重量は11,750トン

撤去したトップサイド重量は11,750トン

 トップサイド撤去に向けての準備は2022年4月から開始されていた。「Thialf」により約3,500トンのモジュールが撤去された。

 次に「Sleipnir」により、残りの約3,500トンのモジュールを撤去。

出典:Heerema Marine Contractors

 そして、重量11,750トンのトップサイドの吊上げ。その前に、吊具の準備と玉掛け。

 ワイヤーの太さヤバいですね。500mmくらいありそう。記事によると、トップサイドを吊り上げるための吊具重量は550トン。シャックルや平衡滑車も一部ありますが、ほぼワイヤーのみで550トン

使用ワイヤーの破断荷重を推定

 玉掛けはトラニオンにワイヤーを直掛けする4点×4か所=16点吊り

 1点当たりの荷重は、11,750トン ÷ 16点吊り = 735トン

 安全率6倍だと 破断荷重は、735 × 6(安全率) = 4,410トン以上のワイヤーを選定

 簡易的にワイヤー径を計算すると √(4,410 × 20) = 298mm以上

 実際は平衡滑車を使用していますが不均等荷重や吊り角度による張力増加、地切時の付着などを見込んでいるので極太ワイヤーになっているものと思われます。

出典:Heerema Marine Contractors

 玉掛け作業も大変そうです。

出典:Heerema Marine Contractors

 そして吊上げ。重量は11,750トン。

「Sleipnir」がDunlin油田のトップサイドを撤去
出典:Heerema Marine Contractors
Dunlin油田のトップサイド撤去動画

 やっぱり動画が分かり易いですね。先ほどの極太ワイヤーも登場します。全体の感じとしてはカッコいい感じで仕上がってます。こういう動画を日本の土木会社も作れば世間のイメージ変わっていくと思いますけどね。

Dunlin Alphaプラットフォーム建造時の様子

 今回、トップサイドが撤去されたDunlin Alphaプラットフォームですが、水深151mの海底に立っています。下部構造はコンクリート製で重量は225,000トン。

 45年以上前の建造時の映像など、興味深いものがありましたので、気になる方はどうぞ。

 リンク先 Fairfield Energy | The Dunlin Timeline

Dunlin Alphaプラットフォーム
出典:Fairfield Energy
建造中のDunlin Alphaプラットフォーム
出典:Fairfield Energy
建造中のDunlin Alphaプラットフォーム
出典:Fairfield Energy
設置場所へ曳航されるDunlin Alphaプラットフォーム
出典:Fairfield Energy
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
石油プラットフォーム
【Share】拡散してもらえると喜びますΣd(≧ω≦*)グッ
【Follow】Youtube動画も見てね(๑•ㅂ•)و グッ!
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました