波方国家石油ガス備蓄基地の桟橋にLPGタンカー「第十七徳誉丸」衝突

国内ニュース
スポンサーリンク

波方国家石油ガス備蓄基地の桟橋にLPGタンカー「第十七徳誉丸」衝突

2024年4月22日午前8時30分頃、愛媛県今治市の波方国家石油備蓄基地にある桟橋に全長約67mのLPGタンカー「第十七徳誉丸とくよまる」(TOKUYO MARU NO.17)が衝突する事故が発生。

桟橋に衝突した「第十七徳誉丸」は、波方国家石油備蓄基地にあるターミナルで荷役する予定だったという。船の乗組員7人にケガなどは無く油の流出も報告されていないようですが、船体の前方および左舷側に損傷が見られ、衝突した桟橋にも被害が出ているようです。

事故当時、付近海域では霧により視程が低下していた

【緊急情報】視界回復_来島海峡(2024年04月22日12時00分 発表)
出典:海上保安庁 | 第六管区海上保安本部

衝突事故が起きる1時間以上前には第六管区海上保安本部から来島海峡付近の視程が500m以下に低下しているという注意喚起の情報が発表されており、LPGタンカー「第十七徳誉丸」の衝突事故も視界不良が原因となっていたようです。

LPGタンカー「第十七徳誉丸」のAIS情報

LPGタンカー「第十七徳誉丸」のAIS情報

LPGタンカー「第十七徳誉丸」のAIS情報によると、波方国家石油備蓄基地の桟橋に衝突したのは日本時間の4月22日午前8時30分頃。確認できる衝突直前の速力は7.6ノットでした。

4月20日の昼前に大阪府堺市のコスモ石油堺製油所を出発し、同日22時30分頃に波方国家石油備蓄基地の桟橋から北東へ約1.5kmの位置へ到着し錨泊。21日は終日錨泊したままで、翌朝に荷役のため桟橋へ向かったところで事故が発生しています。

LPGタンカー「第十七徳誉丸」(TOKUYO MARU NO.17)

日本海事協会に登録されているRegister of Shipの情報
  • Owner(船主)1:IWASAKI KISEN CO., LTD.(岩崎汽船株式会社)
  • Owner(船主)2:JAPAN RAILWAY CONSTRUCTION, TRANSPORT AND TECHNOLOGY AGENCY(独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構)
  • Manager(運航会社):IWASAKI KISEN CO., LTD.(岩崎汽船株式会社)
  • Shipbuilder(建造):SASAKI SHIPBUILDING CO., LTD.(佐々木造船株式会社)
船名第十七徳誉丸
総トン数749トン
載貨重量トン1,014トン
長さ66.95m
11.5m
深さ4.8m
建造年2017年4月
LPGタンカー「第十七徳誉丸」
出典:MarineTraffic | kenro oshita
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました