タンデム型ツイン風力タービン「賽瑞号」系統接続に成功

タンデム型ツイン風力タービン「賽瑞号」系統接続に成功 新技術・工法
スポンサーリンク

タンデム型ツイン風力タービン「賽瑞号」系統接続に成功

ツイン風力タービン「賽瑞号」(出力2.7MW)
出典:中国华能集团有限公司

2023年5月に設置が完了したタンデム型ツイン風力タービン「賽瑞号」(sai rui hao)の系統接続に成功。中国華能集団が独自開発し、ナセルの前後にブレードを取り付けたツイン風力タービンは世界初。

ツイン風力タービン「賽瑞号」は、中国の国家重点研究開発計画「新型高効率風力エネルギー変換装置基幹技術研究」プロジェクトの一環として開発がおこなわれたようです。中国華能集団が開発、中国海装が製造を担当。ハブ高さ70m、出力2.7MWのツイン風力タービンは、従来のものに比べてコスト面で10%以上削減、逆に発電効率は15%以上向上するという。

系統接続とは?

系統接続とは、発電した電気を一般送配電事業者又は配電事業者の送電線、配電線に流すために、電力系統に接続すること。

スポンサーリンク

ツイン風力タービン「賽瑞号」の横に長いナセル

ツイン風力タービン「賽瑞号」のナセル
出典:中国船舶集团海装风电股份有限公司

大きいのは分かるんですが、それよりも横に長いという印象が強い外観。一般的なナセルが2台つながっていても不思議ではない形状ですが、それぞれのブレードが別のタービンを回しているのか、それとも1つのタービンを2組のブレードで回しているのかは不明。「新型高効率風力エネルギー変換装置基幹技術研究」プロジェクトですから、発想だけではなく技術的な要素としても斬新なアイデアが多く詰め込まれているものと思われる。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました