☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Tetrahedronがプロトタイプ部材を組立場所へ輸送開始

tetrahedronがプロトタイプ部材を組立場所へ輸送開始 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

Tetrahedronがプロトタイプ部材を組立場所へ輸送開始

2024年2月2日、洋上風力向けとなる揚程に特化したクレーンを開発するTetrahedronは、プロトタイプ(試作機)のクレーン部材製作が完了し、組立場所への輸送を開始したと発表。クレーン部材の製作はオランダ北部のスマール(Sumar)にあるSolidd Steel Structuresでおこなわれ、輸送先の組立場所は明らかにされていない。

とてもユニークな形状をしたクレーン。企業名にもなっている「Tetrahedron」とは日本語で”四面体”という意味がある。上部にあるオレンジ色のジブとそれを支えるペンダントの部分が4面体になっているというのが名称の由来。風力タービンの大型化で揚程不足により、施工に使用出来ない既存クレーンの揚程をアップグレードすることに焦点を当てて開発が進められている。

2022年にプロトタイプの建造が発表された時は、完成イメージとしてJack-Up Bargeの300トン吊りSEP船「JB 115」がデザインされていました。製作したプロトタイプのクレーンをSEP船「JB 115」に搭載するのか、別の場所でクレーンだけを組み立てて動作確認をおこなうのかは不明。SEP船「JB 115」のAIS情報を確認するとオランダのフリッシンゲンにいるようなので、やろうと思えば出来そうですけど、プロトタイプをSEP船に搭載することはまず無いでしょうね。

スポンサーリンク

Tetrahedron 8

出典:Tetrahedron
名称Tetrahedron 8
クレーン能力作業半径:16m-250トン
作業半径:30m-160トン
作業半径:35m-120トン
揚程甲板上130m

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました