DemoSATHプロジェクトで浮体式プロトタイプ送電開始

DemoSATHプロジェクトで浮体式プロトタイプ送電開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

DemoSATHプロジェクトで浮体式プロトタイプ送電開始

Saitec Offshore の掲載記事

DemoSATH starts the generation of floating wind energy in Spain

(DemoSATH がスペインで浮体式風力エネルギーの生成を開始)

https://saitec-offshore.com/en/demosath-starts-energy-generation-in-spain/

スペイン北部のアルミンツァから約2マイル(3.7km)沖合に設置した出力2MWの浮体式洋上風力プラットフォーム実証機が発電を開始し、接続された送電網への送電を開始。

Saitec Offshore Technologies が開発した DemoSATH と呼ばれる浮体式洋上風力プラットフォームの動作に関するデータ収集や搭載されているシステムの動作状況を監視するため2年間の運用期間を予定。発電した電力は送電網に接続され、スペインの約2,000世帯分に相当する発電電力量が見込まれているという。

2023年8月1日に日本の関西電力株式会社(KEPCO)のDemoSATHプロジェクト参画が発表されています。

DemoSATH プロジェクトの概要

DemoSATH プロジェクトの概要
  • Saitec Offshore TechnologiesとRWE Renewablesがスペインで行っている洋上風車用浮体式プラットフォームの共同実証試験
  • 2023年8月1日に関西電力株式会社(KEPCO)が参画を発表
  • 設置位置:スペインのアルミンツァ沖にあるBiMEP(Biscay Marine Energy Platform)
  • 水深:85m
  • 発電容量:2MW
  • 風車基礎:浮体式、長さ64m、幅30m
  • 係留方法:シングルポイント係留、高把注力アンカー6点、チェーンと繊維ロープのハイブリッド係留索使用
SATH TECHNOLOGYの特徴
  • シングルポイント係留
  • 鉄とコンクリートのハイブリッド構造
  • 双胴船型の浮体

採用されている”SATH TECHNOLOGY”と呼ばれる浮体のプラットフォームコンセプトは、双胴船型の浮体をベースにしたユニークなもので、他にも鉄とコンクリートのハイブリッド構造やシングルポイント係留といった特徴がある。

シングルポイント係留などの ”SATH TECHNOLOGY” について詳細は👇を参照

過去記事 スペインでDemoSATHプロジェクトの2MW浮体式洋上風力試験機 組立完了

スポンサーリンク

DemoSATHプロジェクト ダイジェスト動画

スペインのビルバオ港でおこなわれた浮体の建造から風力タービン搭載、進水、設置場所への曳航、そして設置完了まで。2020年11月からこれまでの3年弱に渡るプロジェクト作業を約2分間の動画にまとめたダイジェスト動画。

スポンサーリンク

DemoSATHプロジェクトに関する記事

浮体式洋上風力タービン「DemoSATH」に風速28mの嵐襲来
スペイン沖に設置している浮体式洋上風力タービン「DemoSATH」が風速28m/s、波高10mという嵐に耐えながら稼働する映像をSaitec Offshore TechnologiesがSNSで公開しました。
DemoSATHプロジェクトで浮体式プロトタイプ送電開始
スペイン北部のアルミンツァから約2マイル(3.7km)沖合に設置した出力2MWの浮体式洋上風力プラットフォーム実証機が発電を開始し、接続された送電網への送電を開始。
出力2MW、スペインで浮体式洋上風力プラットフォーム実証機設置
スペインで進められているDemoSATHプロジェクトで、出力2MWの浮体式洋上風力プラットフォーム実証機がビルバオ港からアルミンツァ沖のBiMEPサイトに曳航され設置が完了しました。
DemoSATHプロジェクトの2MW浮体式洋上風力試験機が進水
スペインで行われているDemoSATHプロジェクト。Saitec Offshore TechnologiesとRWEによる2MW浮体式洋上風力の試験機(プロトタイプ)が進水したようです。
スペインでDemoSATHプロジェクトの2MW浮体式洋上風力試験機 組立完了
DemoSATHは、Saitec Offshore TechnologiesとRWE Renewablesがスペインで行っている実証事業。その試験機(プロトタイプ)の陸上での組立が完了。
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました