SEP船「慧海壹号」レグ延長作業、アップグレード間もなく完了

SEP船「慧海壹号」レグ延長作業、アップグレード間もなく完了 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

SEP船「慧海壹号」レグ延長作業

2023年7月19日、中国の山東省 威海市にある招商局金陵船舶(威海)有限公司で実施されているSEP起重機船「慧海壹号」(HUI HAI YI HAO)のアップグレード。先日おこなわれた新設ジブの搭載に続いて、レグの延長作業がおこなわれています。

SEP船「慧海壹号」のアップグレード内容
  • クレーン揚程 甲板上120m → 140mへ(20m増加)
  • レグ長さ 73.57m → 93.87m(20.3m増加)

SEP起重機船「慧海壹号」はレグが6本あり、アップグレードによってそれぞれのレグを20.3m延長する。レグ延長作業では、既設レグの上部14.175mの位置で切断し、延長する20.3m分を接続した上で長さ34.475mのレグを再度設置。

既設レグに増設分を追加したレグの重量は1カ所当たり300トンにもなるという。設置作業では1,600トン吊りのクローラークレーンが使用されたようです。船体を支える強度が必要となるので想像以上に重量は大きくなっている。

スポンサーリンク

アップグレードは間もなく完了

所定の位置に延長するレグの位置決めが完了し、引き続いて溶接がおこなわれており、予定納期の完工に向けて残業して作業をおこなっているそうです。

2023年3月31日に山東海洋能源有限公司が公表したアップグレードの公告内容によると、納期は落札通知受領後3ヶ月以内、SEP船「慧海壹号」入港後75日以内となっており、その期間内で工事を完了し引き渡しをおこなうというもの。

SEP船「慧海壹号」が入港した日付は不明ですが、入札結果の落札者が公表されたのは5月4日。なのでそこから3ヶ月という事は8月3日が納期ということになる。ちなみに公表されている落札金額は9,500万元の上限価格に対して9,480万8170.89元。日本円に換算すると約18億5,000万円。

画像を見る限り、新設したジブレストにもまだ足場が設置してあるので残作業があるような感じに見える。納期まで残り2週間を切った中、慌ただしく追い込みの作業がおこなわれているのかもしれない。広告内容にはアップグレード後の最終的な試運転まで明記されているので、残業して対応しているのも理解できる。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました