☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

1,200トン吊りSEP船「华夏金租神大01」進水

1,200トン吊りSEP船「华夏金租神大01」進水 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

1,200トン吊りSEP船「华夏金租神大01」進水

SEP起重機船「华夏金租神大01」の完成イメージ
出典:武汉船用机械有限责任公司

 2023年4月19日、中国で1,200トン吊りSEP起重機船「华夏金租神大01」(hua xia jin zu shen da 01)の進水式が行われました。進水時の船体に書かれている船名の文字が異常に大きいのは気のせいでしょうか。

船名华夏金租神大01
クレーン能力1,200トン(メイン)
400トン(補助)
長さ106.6m
44.2m
深さ8.45m
レグ長さ110m
作業水深60m(最大)
宿泊設備90人
プロペラアジマス 2,000kW×2(船尾)
トンネル 1,500kW×2(船首)
DPSDP-1
1,200トン吊りSEP起重機船船「华夏金租神大01」の概要

 船体寸法は、全長106.6m、幅44.2m、深さ8.45m。搭載されるクレーン能力は、1,200トンのメインクレーンと400トンの補助クレーンで、どちらもLEC(Leg Encircling Crane)を採用。そこまで吊り上げ能力は大きくありませんが、最大揚程は甲板上から150m。16MWの風力タービン設置ができるという。

 建造を行う武漢船用机械有限責任公司に掲載されている情報によると、船体上部構造はブレード単体での設置と一体化した状態での設置という両方に対応できるよう全体レイアウトが設計されているそうです。

 さらにレグ底部のパイルシューは面積が大きく、海底地盤へのレグが埋まり込む深さを軽減し、引き抜く時に使用する高圧パイルポンプが4セット装備されているという。

スポンサーリンク

同型船で2隻を建造

 今回進水が行われたSEP起重機船「华夏金租神大01」には、ほぼ同時期に建造を開始した同型船がもう1隻いる。

 2隻の建造が開始されたのは、2022年8月20日・21日。”华夏金租-神大 102号”というプロジェクト名の同型船については建造進捗が不明。「华夏金租神大01」は建造開始から進水までの建造期間が8カ月なので、かなりハイペースで建造が進められていることが分かる。

 2隻のSEP起重機船建造を発注したのは、华夏金融租赁有限公司(Huaxia Financial Leasing Co., Ltd.)。少し前にCIMC Rafflesで1,500トン吊りクレーンを搭載したSEP起重機船の鉄鋼切断式(First steel cutting)が行われた時の記事でも紹介しましたが、华夏金融租赁有限公司は中国の金融リース会社。

 ただ、今回の1,200トン吊りSEP起重機船2隻に関しては、北京神大集団有限公司と共同で建造を行っているらしい。確かに船名にも”神大”という名前が入っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。