☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

東京ガスがジェームズフィッシャー社と国内洋上風力O&Mで協業

東京ガスがジェームズフィッシャー社と国内洋上風力O&Mで協業 洋上風力発電
スポンサーリンク

東京ガスがジェームズフィッシャー社と国内洋上風力O&Mで協業

東京ガスがジェームズフィッシャー社と国内洋上風力O&Mで協業
出典:James Fisher and Sons

2024年2月27日、東京ガスエンジニアリングソリューションズ(TGES)はイギリスのジェームズフィッシャーアンドサンズ(James Fisher and Sons)と日本国内における洋上風力向けの建設サポートや運転・保守(O&M)事業を共同で実施する協業契約を締結したと発表しました。

洋上風力の安定稼働には、年に一度の法定点検など定期的なメンテナンスが不可欠。しかし、海洋でのメンテナンスは、日々変化する風や波の状況に対応した作業や船の手配等、高度な専門性が必要とした上で、ジェームズフィッシャー社は洋上風力BoPの建設サポートとO&Mについて豊富な知見・技術を持っているという。

ジェームズフィッシャー社は、台湾事務所を通じてアジア太平洋地域で29件の洋上風力関連事業を実施するほか、世界全体で6.1GWにおよぶ同事業の豊富な実績がある。洋上風力の運転・保守事業に参入するTGESと、日本だけではなく長期的には北東アジア太平洋地域で洋上風力サービスの提供を目指すジェームズフィッシャー社との間で展望が合致し、協業契約の締結に至ったようです。

BoPとは?

BoPとは、Balance of Plantの略。そのプラントにとって最重要の本体部分以外という意味があり、ここでは風力タービン以外の風車基礎、海底ケーブル、変電所等を含む全ての設備を意味している。

スポンサーリンク

東京ガスに関する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。