Van OordのメガSEP起重機船「Boreas」起工式

Van OordのメガSEP起重機船「Boreas」起工式起重機船-世界

 中国の山東省 烟台市にあるYantai CIMC Raffles OffshoreでVan OordのメガSEP起重機船「Boreas」の起工式が行われました。完成予定は2024年。

スポンサーリンク

メガSEP起重機船「Boreas」の起工式

 2022年12月27日、中国の山東省 烟台市にあるYantai CIMC Raffles Offshore(烟台中集来福士海洋工程有限公司)でSEP起重機船「Boreas」の起工式(keel laying ceremony)が行われました。

キールが配置される台座に置かれた銀貨
出典:Van Oord

 3,000トン以上の容量を持つHuisman製クレーンが搭載される予定の「Boreas」は、Van Oordにとって重要な戦略的投資のひとつ。完成すると25MWという巨大な次世代風車の輸送と設置が可能になる。

 起工式(keel laying ceremony)では、キールが配置される台座の上に銀貨が置かれ、船の幸運と安全が祈願された。この伝統的な風習は古く、古代ローマ帝国のローマ人はマストの下に銀貨を置いたそうです。

 【関連記事】知ると怖い進水式の伝統 ヴァイキング時代に生贄を捧げた名残

 完成・引き渡しは2024年の予定

 

SEP起重機船「Boreas」の概要

SEP起重機船「Boreas」
出典:CIMC Raffles Offshore
船名BoreasVoltaire
クレーン能力3,000トン以上3,200トン
長さ176m169.3m
63m60m
深さ13.2m14.6m
レグ長さ127.4m130m
作業水深最大80m最大80m
載荷重量トン20,000トン以上21,500トン
SEP起重機船「Boreas」と「Voltaire」の概要
2022年7月の鉄鋼切断式(First steel cutting)
出典:CIMC Raffles Offshore

 SEP起重機船「Boreas」は、長さ176m、幅63m、深さ13.2m、搭載されるクレーンはHuisman製で、吊り上げ能力3,000トン以上。レグ長さは、127.4m。最大作業水深は80m。

 先日完成したJan De Nulの「Voltaire」とほぼ船体寸法は似たような感じになってます。

 大きく違うのは、「Boreas」がメタノール燃料船であるという点。効果は、従来の化石燃料を使用する方法に比べてCO2排出量を78%以上削減。

 さらに、高度なアクティブエミッション制御技術(選択的触媒還元)によりNOx排出量を抑え、5,000kWhのバッテリーパック設置で燃料消費量をさらに削減できるそうです。

 現段階で広く普及していない次世代燃料を船の燃料として選択することは供給や価格面などでリスクが高そうですが、逆にそれだけVan Oordの環境負荷低減に対する熱意が感じられます。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました