米海軍でエアクッション艇2隻の衝突事故により35人負傷

米海軍でエアクッション艇2隻の衝突事故により35人負傷 事件・事故
スポンサーリンク

米海軍でエアクッション艇2隻の衝突事故により35人負傷

2024年5月1日夜、フロリダ州ジャクソンビル沖で強襲揚陸艦「USS Wasp」(LHD 1)とドック型揚陸艦「USS New York」(LPD 21)に搭載されている2隻のLCAC(Landing Craft Air Cushion:エアクッション艇)による衝突事故が発生。

5月2日に発表された第一報では、訓練中の事故であったことと事故により30人が負傷したという情報が明らかにされました。負傷者のうち軽傷者は「USS Wasp」と「USS New York」で治療を受けましたが、5人はジョージア州サバンナにあるMemorial University Medical Centerへ搬送。4人は治療を終えて退院しましたが1人は治療を継続。

その後、5月3日の更新情報では追加で治療を受けた人数を含めて負傷者が35人に増加したと発表。2隻のLCACの間で衝突が起きた後、別のLCACで直ちに救助をおこない、38人が救助され「USS Wasp」と「USS New York」で治療を実施。 さらなる治療が必要と判断された5人はサバンナのMemorial University Medical Centerへ搬送され、4人が退院したという部分は第一報と同様。そして、負傷者35人のうち34人は任務に復帰したという。

治療を継続していた1人については、サバンナからジョージア州ノーフォークのポーツマスにあるNaval Medical Centerへ搬送されたことを明らかにし、容態は安定していると説明しています。

事故が起きた時の状況については詳細が明らかにされていません。LCACと呼ばれるクッション艇2隻による訓練中の衝突事故という説明ですが、それにしては負傷者の人数が少し多いのが気になります。

事故については現在調査中であり詳細な情報が入手でき次第、米国第2艦隊(U.S. 2nd Fleet)から情報発表がおこなわれる予定だという。

強襲揚陸艦「USS Wasp」(LHD 1)

LHD:Landing Helicopter Dock

艦名USS Wasp
満載排水トン数41,302トン
長さ257m
31.8m
就役年1989年7月
強襲揚陸艦「USS Wasp」(LHD 1)
出典:Wikipedia | U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Zachary L. Borden (RELEASED) – http://www.navy.mil/view_image.asp?id=51717, パブリック・ドメイン, リンクによる

ドック型揚陸艦「USS New York」(LPD 21)

LPD:Landing Platform Dock

艦名USS New York
満載排水トン数24,900トン
長さ208.5m
31.9m
就役年2009年11月
ドック型揚陸艦「USS New York」(LPD 21)
出典:Wikipedia | Bob Kopprasch – en.wikipedia からコモンズに移動されました。 using CommonsHelper. (Original text: Own Work), パブリック・ドメイン, リンクによる
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました