「Svanen」重量1,200トンの拡張ガントリー設置

「Svanen」重量1,200トンの拡張ガントリー設置 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

「Svanen」重量1,200トンの拡張ガントリー設置

2024年5月2日、Van Oordは大規模アップグレードを実施している「Svanen」の拡張ガントリーが設置されたと発表しました。設置した拡張ガントリーの部材重量は1,200トン、高さ25m。作業は夜間におこなわれ、一晩のうちに「Svanen」の高さは100mから125mへ増加。

アップグレードにより「Svanen」の吊り上げ能力は3,000トンから4,500トンへ増強、それに伴って能力増強に対応するパイルグリッパーの改良や船体の補強などがおこなわれ、2024年第3四半期にアップグレードした新「Svanen」の運用開始が予定されています。

「Svanen」のアップグレード内容
  • ガントリー部分を25m拡張(部材重量 1,200トン)
  • 吊り上げ能力 3,000トン→4,500トンへ増強
  • 吊り上げ能力増強に伴うパイルグリッパーのアップグレード
  • 船体構造のアップグレード

Mammoetのリングクレーン「PTC210-DS」による設置作業

「Svanen」重量1,200トンの拡張ガントリー設置
「Svanen」の拡張ガントリー設置作業
出典:Van Oord

「Svanen」に拡張ガントリーを設置したのは、最大吊り上げ能力3,200トンの巨大なMammoetのリングクレーン「PTC210-DS」。拡張ガントリー設置作業において、1,200トンという部材重量とともに大きなハードルになるのは揚程。125mの高さに設置する作業の様子を見ると、拡張ガントリー(25m)とほぼ同じ高さの吊具を使用しているため揚程は150m以上。

オランダのスヒーダムに設置されているMammoetのリングクレーン「PTC210-DS」は、Cadelerの「Wind Orca」「Wind Osprey」という2隻のSEP起重機船アップグレードをおこなっており、「Svanen」で3件目の作業。設置前から「Svanen」のアップグレード作業が予定されていたのかは不明。4件目以降の作業も予定されているのか気になります。

【動画】拡張ガントリー設置作業

アップグレード後の予定

アップグレード後「Svanen」が最初に予定されているのは「Baltic Power offshore wind farm」でのモノパイル設置。「Baltic Power offshore wind farm」は、ポーランド沖のバルト海でVestas製15MW風力タービン「V236-15.0MW」76基の設置が計画されており、総発電容量は1,140MW。

「Baltic Power offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:ポーランド 沖合23kmのバルト海
  • 発電容量:1,140MW
  • 風力タービン:Vestas V236-15.0MW、76基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2026年
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました