中国最大の6.2MW浮体式風車「扶摇号」設置完了

洋上風力発電

 中国で6.2MWの半潜水型浮体式洋上風車「扶摇号」(fu yao hao)が設置されました。浮体式風車としては中国国内最大。

スポンサーリンク

6.2MW浮体式風車「扶摇号」

出典:XINHUANET(新華社通信)

 中国国内最大の6.2MW浮体式風車「扶摇号」は、2019年1月に開始された “海上浮式风电装备研制” と呼ばれる「洋上浮体式風車機器開発」プロジェクトで開発された実証実験機。

6.2MW浮体式風車「扶摇号」の概要
  • 設置位置:広東省 湛江市 徐聞県 前山鎮羅斗沙海域、平均水深65m
  • 浮体形状:半潜水型の浮体式風車、全長72m、幅80m、深さ32m
  • 係留:3×3、9点のチェーン、反力は杭を打設
  • 風車:中国海装H152-6.2MW、ローター直径 152m、ブレード長さ 74m、ハブ高さ 96m

 設計のコンセプトとして、水深50m以上、潮流3.5m/秒(7ノット)以上、100年に1度の海象にも耐えるという構造になっているそうです。

「扶摇号」の建造

浮体部分の建造

 浮体部分は中国の広州市にある中船黄埔文沖船舶で建造。

風車搭載

 進水させた浮体部分に風車を搭載

出典:XINHUANET(新華社通信)
出典:XINHUANET(新華社通信)
出典:XINHUANET(新華社通信)
設置海域へ曳航
出典:XINHUANET(新華社通信)
係留用の杭を打設

 打設した係留用の杭は、直径3.75m、長さ113m、重量430トン。

 作業しているクレーン船は恐らく3,000トン吊り「宇航起重3000」。

出典:Sohu(搜狐)
設置完了
出典:shipoe(船海装备网)
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました