Aフレームを改造した「Thialf」がアイルランドのガス田プラットフォームを撤去

石油プラットフォーム

 知らないうちにAフレームの改造を終えていた「Thialf」がアイルランドにあるガス田プラットフォームのトップサイドを撤去。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kinsale Bravoプラットフォーム撤去

出典:Heerema Marine Contractors

 2021年11月にAフレームの改造を発表していた「Thialf」ですが、いつの間にか完了していたようです。Aフレーム改造につていは記事後半に記載しています。

 Kinsale Headガス田には、Kinsale AlphaとKinsale Bravoと呼ばれる2つのプラットフォームがあります。今回撤去したのはKinsale Bravoのトップサイド。

Kinsale Head gas fieldの概要
  • アイルランド南海岸から50kmのケルト海にあるガス田
  • 1971年に発見、1978年10月生産開始、2020年7月生産終了
  • 2つのプラットフォーム、Kinsale Alpha、Kinsale Bravoがある

 トップサイドを搭載している運搬台船はHeerema社が所有する「H-541」。全長165m、幅42m、深さ10.7m、載貨重量トン数41,947トン。

ジャケットを運搬する「H-541」(過去画像)
出典:Heerema Marine Contractors

「Thialf」Aフレーム改造

 「Thialf」Aフレーム改造の理由は以前の記事でも紹介しましたが、北海からバルト海へ行く時に通過する橋、Great Belt Linkの桁下制限をクリアするため。

「Thialf」Aフレーム改造の過去記事
画像による「Thialf」比較

改造前と改造後の見た目

 改造前と改造後のAフレームを確認。

 Aフレームに部材が追加されているのが分かりますが、既存のAフレームには大きく変わった所は見られません。Aフレームの後ろが ”くの字” に折れ曲がりながら畳まれる形状をイメージしていましたが違うようです。

 Aフレームを格納した状態の画像がこちら👇👇

 Aフレームの鉛直に立っている部材の根元が前にスライドして格納。よく考えられてますね。

「Arcadis Ost I」の風車設置

 そもそもAフレームの改造理由になっていた「Arcadis Ost I」の風車設置。例の「Orion」が世界最大のモノパイルを打設している現場です。「Rotor Nacelle Assembly (RNA)」による作業が始まればお伝えします。

 気になって「Arcadis Ost I」付近のAIS情報見てみたら「Orion」いました。頑張ってるのかな。

「Orion」のAIS情報

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
石油プラットフォーム
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました