4,000トン吊り「Gulliver」によるArcadis Ost 1変電設備設置

洋上風力発電

 4,000トン吊り起重機船「Gulliver」が、Arcadis Ost 1洋上風力発電所の洋上変電所を設置。設置した変電所のモノパイルは「Orion」がつい先日、打設したもの。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Arcadis Ost 1変電設備設置

設置された洋上変電所、高さ30m、重量2,380トン
出典:Parkwind

 設置された洋上変電所は、高さ30m、重量2,380トン。設置を行ったのはベルギーの「SCALDIS」が所有する4,000トン吊り起重機船「Gulliver」。

設置が完了したArcadis Ost 1洋上変電所
出典:50hertz
洋上変電所の組立
デンマークのAalborgで組立られたArcadis Ost 1洋上変電所
出典:50hertz

 洋上変電所はポーランドでプレハブ化され、最終の組立はデンマークのAalborgにあるBladt Industriesで2021年中頃から行われていました。

4,000トン吊り起重機船「Gulliver」

 ベルギーの海洋土木会社「SCALDIS」が所有する4,000トン吊り起重機船「Gulliver」。船体寸法は全長108m、幅49m、深さ8m、喫水4.9m。78人の居住設備を備えている。

特徴① 自航式の起重機船
自航する起重機船「Gulliver」
出典:SCALDIS

 日本の大型起重機船に似た見た目ですが、大きく違うのはDP2性能をもつ自航式起重機船という点。船体の前後に各2基、計4基のAzimuth Thrusterを搭載。前側は2,046ps(1,505kw)×2、後側は2,339ps(1,720kw)×2。「Gulliver」の船の前後は👆の画像でいうと右が前、左が後。日本の起重機船とは逆でクレーンがある方が後。

特徴② ジブがスライドする

 「Gulliver」のジブはスライド式になっており、約22mの幅で前後に可動させることができる。この特徴により、ジブ固定式起重機船にも関わらず、自船に製品を搭載することが可能。ジブのスライドにどの程度時間を費やすかは不明。製品を積み込みする分アウトリーチが厳しくなりますが、👇の画像では問題なく作業をこなしてます。

 使いどころは少ないかもしれませんが、なかなか画期的な仕組み。

ジブを手前にスライドさせて自船に製品を積込
出典:SCALDIS
ジブを手前にスライドした状態で据付
出典:SCALDIS

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
洋上風力発電
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました