☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

CAPEが「VLT 640-TRIPLE」負荷テストの動画公開

CAPEが「VLT 640-TRIPLE」負荷テストの動画公開 洋上風力発電
スポンサーリンク

CAPEが「VLT 640-TRIPLE」負荷テストの動画公開

バイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple」
出典:CAPE Holland

2024年2月13日、CAPE Hollandが巨大バイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple」について実施したロイド船級協会の認証プロセスに基づく負荷テスト動画をYouTubeに公開しました。

オランダのゲーネマイデン(Genemuiden)にあるBreman Machineryでおこなわれた負荷テストでは、チャッキングした状態のバイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple」に3,250トンの試験荷重がかけられ、最大2,400トンのモノパイル吊り上げ能力が認定されたという。

CAPE Hollandのバイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple」は、スコットランド沖で建設が進められている「Moray West offshore wind farm」でモノパイル設置の施工を請け負っているBoskalisへ納入される予定。Siemens Gamesa製の風力タービン「SG 14-222 DD」を支える基礎として設置されるモノパイルは上部の直径が7.5m、底部の直径が最大10m、重量は約2,000トン。

CAPE Hollandのウェブサイトでは ”THE ROAD TO MORAY WEST OFFSHORE WIND FARM”(Moray West洋上風力発電所への道)という特設ページで、バイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple」に関する更新情報を掲載しています。

リンク先 CAPE Holland | THE ROAD TO MORAY WEST OFFSHORE WIND FARM

スポンサーリンク

バイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple」のチャッキング方法

公開されたYouTube動画の中では、バイブロハンマー「CAPE VLT-640 Triple」のチャッキング方法が紹介されていました。

通常のチャッキング方法では鋼管天端部分を横方向に挟み込みますが、「Moray West」向けの「CAPE VLT-640 Triple」ではモノパイルのフランジ部分を上下に挟み込んでチャッキングするようです。なるほど。

動画の中では、CAPE HollandのスーパーバイザーHans Van Der Wekken氏がチャッキング方法を説明。通常のチャッキング方法との違いを分かり易く手の動きを交えながら解説してくれています。

スポンサーリンク

【動画】「CAPE VLT-640 Triple」負荷テスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。