☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

オランダ洋上風力に中部電力が直接出資によりプロジェクトへ参画

オランダ洋上風力に中部電力が直接出資によりプロジェクトへ参画 洋上風力発電
スポンサーリンク

オランダ洋上風力に中部電力が直接出資によりプロジェクトへ参画

出典:Ecowende

2024年2月2日、中部電力はオランダの洋上風力発電プロジェクトへ直接出資して参画することを発表しました。オランダ沖で「Hollandse Kust West VI」の開発を進めるShellとEnecoで構成される合弁会社Ecowendeの株式について、Enecoが保有する株式の一部を取得する株式譲渡契約を締結したという。

Enecoは、三菱商事(80%)と中部電力(20%)が2020年に買収したオランダのエネルギー企業なので、これまでも中部電力はプロジェクトに関わっていたようですが、海外の洋上風力発電プロジェクトに直接出資するのは初めて。

Enecoが保有するEcowendeの株式40%のうち30%を中部電力が保有するという。

企業名 取引前  取引後 
Shell60%60%
Eneco40%10%
 中部電力 30%
Ecowendeの株式保有比率

中部電力はオランダ洋上風力発電プロジェクトの事業主体に直接出資することで、洋上風力発電設備の建設初期段階から運営に至るノウハウと生態系保護に関する取組みの知見を蓄積し、今後、国内外の洋上風力発電事業で活用していくと述べている。

スポンサーリンク

「Hollandse Kust west VI」の概要

「Hollandse Kust west VI」の概要
  • 設置位置:オランダの海岸から53km沖合の北海、水深26~30m
  • 発電容量:760MW
  • 風力タービン:Vestas V236-15.0 MW、15MW×52基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 運転開始:2026年末

オランダの海岸から約53km沖合に位置する「Hollandse Kust (west) lot VI」エリアに、「V236-15.0 MW」52基を設置する計画で総発電容量は760MW。2026年の運転開始を目指しており、稼働するとオランダで消費される電力需要の約3%に相当するという。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました