Arcadis Ost 1で27基すべての風力タービン設置完了

Arcadis Ost 1で27基すべての風力タービン設置完了 洋上風力発電
スポンサーリンク

Arcadis Ost 1で27基すべての風力タービン設置完了

Parkwindの掲載記事【2023年11月16日掲載】

Parkwind and partners defy autumn storms to complete installation of final towers and turbines at Arcadis Ost 1

(Parkwindとパートナーは秋の嵐をものともせず、Arcadis Ost 1 の最終タワーとタービンの設置を完了)

https://parkwind.eu/news/parkwind-and-partners-defy-autumn-storms-to-complete-installation-of-final-towers-and-turbines-at-arcadis-ost-1

2023年11月16日、Parkwindはドイツのバルト海で建設が進められている洋上風力発電所「Arcadis Ost 1」の27基すべての風力タービン設置が完了したことを発表。

2023年4月の時点で風力タービン27基のうち24基の設置が完了していましたが、残りの3基についてはタービンメーカーVestasによる部材納品に遅延が生じ、設置完了が秋に遅れることが明らかにされていました。

「Arcadis Ost 1」の設置エリアは軟弱な海底地層が厚く、SEP船によるジャッキアップが困難であるため、着床式風力タービン基礎のモノパイルおよび上部に搭載するタワー、ナセル、ブレードの設置作業をSEP船以外で施工。実際にモノパイル設置をおこなったのは5,000トン吊りクレーン船「ORION」、そしてVestas製の風力タービン「V174-9.5 MW」を設置したのは14,200トン吊りクレーン船「Thialf」。

5,000トン吊りクレーン船「Orion」によるモノパイル設置
出典:DEME
「Thialf」による風力タービン設置
出典:Heerema Marine Contractors
スポンサーリンク

残り3基の風力タービン設置も「Thialf」で施工

残り3基の風力タービン設置をおこなったのは、これまでの24基と同様に14,200トン吊りクレーン船「Thialf」。2023年4月に24基の設置が終了した時点で一度バルト海を離れ、北海側へ戻っていましたが風力タービン3基を設置するために再度バルト海へ。

オランダのロッテルダムからドイツのバルト海沖までの航行距離は約1,450km。日本で言うと、福岡から札幌までの直線距離とほぼ同じ。「Thialf」のAIS情報を見ると、10月23日にデンマークのシェラン島とフュン島を結ぶ橋 Great Belt Link を通過して、10月26日にバルト海の「Arcadis Ost 1」へ到着。Parkwindの掲載記事によると3基の風力タービン設置作業は8日以内に完了。施工が終わると、11月4日には「Arcadis Ost 1」を出発。約1,450kmを航行して11月12日にオランダのロッテルダムに帰港しています。なので、ほんとに風車3基設置のためだけに往復で半月以上もかけて「Thialf」はオランダからドイツへ回航したようです。

風力タービン3基を設置する施工に関しては変更有りませんが、「Thialf」の回航費往復分はすべて追加費用。恐ろしい金額になりそうですけど、風力タービン部材の納期遅延という原因を発生させたVestasが費用を被るんでしょうか。その辺、気になりますが詳細は不明。

スポンサーリンク

「Arcadis Ost 1」の概要

「Arcadis Ost 1」の概要
  • 設置位置:ドイツ リューゲン島から北東へ約19kmのバルト海、最大水深45m
  • 発電容量:Vestas V174-9.5 MWタービン 9.5 MW×27基=256.5MW
  • 風車基礎:着床式、モノパイル(長さ110m、重量2,000トン以上)
  • 風車形状:ローター直径 174m、ブレード長さ 85m(35トン/枚)、ナセル重量 390トン、全高 197m、ハブ高さ 110m
  • 完成予定:2023年
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む