☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国で電気推進クルーズ船「東湖之星」建造開始

中国で電気推進クルーズ船「東湖之星」建造開始 船舶
スポンサーリンク

中国で電気推進クルーズ船「東湖之星」建造開始

船名東湖之星
(东湖之星)
長さ26.67m
6.00m
深さ1.60m
定員58人
航行速力15km/h
航続距離33km
中国で電気推進クルーズ船「東湖之星」建造開始
電気推進クルーズ船「東湖之星」完成イメージ
出典:China Classification Society

2023年7月25日、中国の福建省 寧徳市にある福寧船舶重工有限公司でバッテリーに蓄電した電気を動力源として航行する電気推進クルーズ船「東湖之星」の建造が開始されました。寧徳市旅発集団傘下の企業が出資しており、2023年12月に完成・就航予定。

武漢長江船舶設計院により設計された船体は、全長26.67m、幅6m、定員58人。船の大きさからすると小型の遊覧船といった感じ。中国船級協会(CCS,China Classification Society)が認証する内陸河川におけるグリーンシップ規範のレベル3に準じた設計になっているという。

主船体は鋼製ですが、上部構造はアルミニウム合金製。船内に搭載されているバッテリー容量は293.9kWhで、航行速力は最大15km/h、航続距離は33km。推進システムには40kWのアジマスプロペラ2基を搭載。

実際のところ、完成イメージのように船体が眩しいくらいに発光するのかは分かりませんが、デザイン面では美しさと快適さが重視されているという。寧徳市を訪れた観光客が、環境に優しく快適な旅行オプションとして電気推進クルーズ船「東湖之星」を利用するユニークな観光体験を提供し、寧徳市の海洋観光産業に新たな活力を注入したいという狙いがあるそうです。

スポンサーリンク

日本の電気推進船、EV船

大容量バッテリーによる電気を動力源とする電気推進船、EV船の特徴として、航行時に二酸化炭素などの環境汚染につながる廃棄物を出さないゼロ・エミッション船という点がある。

船名あさひあかりe-OshimaQueen Bee M7
船種内航タンカー内航タンカーフェリー観光旅客船
総トン数499トン497トン340トン19トン
長さ62.0m62.0m35m21.38m
10.3m10.3m9.6m5.00m
推進装置300kW×2
68kW×2
300kW×2
68kW×2
アジマス2基50kW×2
バッテリー容量3,480kWh3,480kWh600kWh44kWh×2
内航タンカー船「あさひ」
出典:Asahi Tanker
内航タンカー船「あかり」
出典:Asahi Tanker
自動運航フェリー「e-Oshima」
出典:Oshima Shipbuilding
観光旅客船「Queen Bee M7」
出典:Electric Boat Sales

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました