大分ホーバークラフト1番船修理に向け作業開始、修理には約5ヵ月

大分ホーバークラフト1番船修理に向け作業開始、修理には約5ヵ月 国内ニュース
スポンサーリンク

大分ホーバークラフト1番船修理に向け作業開始、修理には約5ヵ月

操縦士の訓練開始当日にあたる昨年11月8日に大分空港側の斜路でガードレールに接触する事故を起こした大分ホーバークラフト1番船「Baien」の修理に向けた確認作業がおこなわれたようです。

2月10日、ホーバークラフトを建造したGriffon Hoverworkのスタッフがイギリスから来日し、事故が起きた大分空港の発着場に残されたままとなっている1番船「Baien」のエンジンをかけて船体を浮かせたあと船の向きを変えるなどして破損状況を確認。

事故後に公表されていた「Baien」の復旧予定でも船体修理は大分でおこなうとしながらも、造船会社Griffon Hoverworkが修理作業にあたることが明らかにされていました。修理の開始時期は、公表時点で2024年1月に到着予定だった3番船「Tanso」が到着後とされており、「Tanso」はまだ日本に到着していないのでスケジュール的には少し遅れているのかもしれません。そして、未定とされていた修理期間については、5カ月程かかる見込みという報道がされています。

現段階での大分ホーバークラフト運航開始予定は、昨年末の発表から変わらず2024年秋を目指しているという。

すぐに修理を開始しないのはなぜ?

Griffon Hoverworkのスタッフが来日し、修理する人的体制は整ったように見えますが本格的な修理作業を開始するのは3番船「Tanso」が到着してからになるという。

すぐに修理を開始しない理由は不明ですが、今回の修理で要になるのは破損個所の代替部品。その調達がまだのため修理を開始できないのかもしれません。1番船「Baien」を修理するのに3番船「Tanso」の到着を待っているという点から運搬船に代替部品や修理に必要な機材などを合積みしている可能性も考えられます。

「Baien」で事故が起きたのは11月8日。そして、「Tanso」を積んだ運搬船がイギリスを出港したのが12月8日。出港までに1ヶ月あったので、事故を受けて必要な物品を一緒に積んでいるため3番船「Tanso」の到着を待っているのかもしれません。

船名イギリス
出港日
日本
到着日
運搬日数
(英→日)
到着から納入
までの日数
納入日当初の
納入予定日
遅延日数
Baien7月15日8月24日40日15日9月8日2023年7月20日50日
Banri9月20日11月8日49日9日11月17日2023年10月12日36日
Tanso12月8日2024年1月18日
大分ホーバークラフト3隻の運搬実績
スポンサーリンク

3番船「Tanso」を運ぶ運搬船「WIEBKE」の動静

気になる3番船「Tanso」を積んだ運搬船「WIEBKE」の現在地は中国 上海。黄浦江こうほこうという上海市内を流れる川の中で荷役している模様。

昨年12月にイギリスを出港した時点では2024年1月到着予定でしたが、紅海周辺で商船を標的とした攻撃が起きているため安全上の理由から運搬船の航行ルートはスエズ運河を通るルートからアフリカ大陸南端の喜望峰を通るルートへ変更されています。このルート変更により到着が予定から2~3週間ほど遅れ、2月上旬になると大分県から発表されていました。

上海から大分までの所要日数は3日間

上海から大分港までの距離は約1,300km、約700海里。平均10ノットの速力で航行すると、大分到着までの所要時間は70時間≒3日間。いつ上海を出港するのか、そして次の仕向港が大分なのかは分かりませんが、近くまで来ているので2月中には日本に到着しそうです。

船名WIEBKE
総トン数8,397トン
載貨重量トン9,370トン
搭載クレーン320トン×2基
200トン×1基
長さ152m
20m
建造年2000年
重量物運搬船「WIEBKE」
出典:FleetMon | JaKu
スポンサーリンク

大分ホーバークラフトに関する記事

大分空港で海上アクセスとしてホーバークラフトが復活
大分空港海上アクセスとして導入するホーバークラフトの船名決定
ホーバーターミナルの通称「ホボッタ」 1隻目は7月下旬に大分到着
大分空港のホーバークラフトがまさか⁉の部品破損で納期遅延
大分で運航予定のホーバークラフト1隻目がついに進水!海上公試へ
大分のホーバークラフト1号機「Baien」がイギリスを出港
待ってたよ!大分ホーバークラフト1号艇「Baien」が到着
ホーバークラフト1番船「Baien」別府湾でテスト運航
大分ホーバークラフト1番船「Baien」納入式
大分ホーバークラフト、2番船「Banri」イギリスから日本へ出発
大分ホーバークラフト2番船「Banri」、日本到着まであと少し
大分ホーバークラフト2番船「Banri」を積んだ運搬船が大分へ
大分ホーバークラフト「Baien」操縦訓練初日に事故発生
大分ホーバークラフト2番船「Banri」検査合格、引き渡しへ
大分ホーバークラフトの運航開始は便数減になる見通し
大分ホーバークラフト運航開始を来年秋に延期
大分ホーバークラフト1番船修理に向け作業開始、修理には約5ヵ月
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」間もなく日本到着!
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」無事に大分到着
事故で破損した大分ホーバークラフト1番船「Baien」本格修理へ
大分ホーバークラフト2番船「Banri」フェンスに接触
大分ホーバークラフト2番船「Banri」で接触事故、操縦訓練継続
大分ホーバークラフト事故、訓練中の接触で事故ではないという認識

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む