中国で全長326mの国産大型クルーズ船「愛達・魔都号」引き渡し

中国で全長326mの国産大型クルーズ船「愛達・魔都号」引き渡し 船舶
スポンサーリンク

中国で全長326mの国産大型クルーズ船「愛達・魔都号」引き渡し

2023年11月4日、中国船舶集団(CSSC,China State Shipbuilding Corporation)傘下の上海外高橋造船(Shanghai Waigaoqiao Shipbuilding)が中船郵輪科技発展(CSSC Cruise Technology Development)と愛達郵輪(Adora Cruises)向けに建造した大型クルーズ船「愛達・魔都号」(ADORA MAGIC CITY)が完成し、引き渡しがおこなわれました。

建造をおこなった上海外高橋造船の掲載記事によると、研究開発に8年、さらに5年間の設計・建造期間を経て完成した「愛達・魔都号」は、国産大型クルーズ船として中国初であると述べている。

2024年の元旦に運航を開始する予定となっており、上海を母港とする国際クルーズ航路のほか、海上シルクロードと銘打った航路も順次開設する予定。

東洋と西洋、そして伝統と現代を融合させたデザイン

大型クルーズ船「愛達・魔都号」の外観および内装は東洋と西洋、そして伝統と現代を融合させたデザインになっているという。

船体の形状は、全長323.6m、幅37.2m、総トン数13万5,500トン。船全体には107のシステム、5万5,000点の機器が装備され、2,500万個の部品が含まれている。そして4,750kmのケーブル、365kmの配管、120kmのエアダクトが設置されているそうです。

 大型クルーズ船「愛達・魔都号」の概要

船名愛達・魔都号
(爱达·魔都号)
総トン数135,500トン
長さ323.6m
37.2m
喫水8.26m
エアドラフト72.2m
客室数2,125室
乗客数5,246人
中国で全長326mの国産大型クルーズ船「愛達・魔都号」引き渡し
大型クルーズ船「愛達・魔都号」
出典:上海外高桥造船有限公司
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました