☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

撤去したSEP船のクレーンをクレーン船に再利用

撤去したSEP船のクレーンをクレーン船に再利用 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

撤去したSEP船のクレーン2基を購入

Hapo International Bargesの掲載記事【2023年11月17日掲載】

Hapo Purchased Orca And Osprey Cranes

(Hapo が Orca と Osprey のクレーンを購入しました)

https://hapobarges.com/hapo-purchased-orca-and-osprey-cranes/

2023年11月17日、オランダのHapo International Bargesは、CadelerからSEP船「Wind Orca」と「Wind Osprey」に搭載されていた1,200トン吊りクレーン2基を購入したと発表しました。

現在、SEP船「Wind Orca」と「Wind Osprey」はオランダのスヒーダムでメインクレーンの能力を1,200トンから1,600トンへ増強するアップグレードがおこなわれており、そこで撤去した既設の1,200トン吊りクレーン2基は輸送台船に積まれてスヒーダムからHapoのヤードがあるリッデルケルクへ運搬されるという。

掲載記事の情報によると、購入した1,200トン吊りクレーンを台船に搭載し、クレーン船として再利用する計画が進められているそうです。まさにサステナブル、持続可能な循環型社会の実現。

クレーンの運搬経路
スポンサーリンク

SEP船のクレーンを再利用したクレーン船

CadelerがLinkedInへ掲載している情報によると、SEP船「Wind Orca」と「Wind Osprey」に搭載されていたクレーンは1,200トン吊りでブーム長さは115m、稼働期間は10年間。撤去したクレーン部材に加えて、スペアパーツすべてがHapo International Bargesの手に渡るという。

Hapo International Bargesでは、クレーンを台船に搭載してクレーン船にするという改造計画が進められていますが、まだ計画段階のようなので確定では無さそう。そのため、Hapoの掲載記事にも改造計画をおこなっている間は ”re-sale” 可能という記載があります。2基購入しているので1基は販売できるよ、という意味かもしれません。

循環性が重視される現代社会で、撤去したクレーンをスクラップとして処分するのではなく、クレーンとして再利用することは Cadeler と Hapo International Barges の両当事者にとって ”絶対的win-winの状況”(absolute win-win situations)であるとCadelerのCEOは述べている。さらに、今後も重量物を吊り上げるという第2の人生を歩み、再利用というクレーンの寿命を結果として伸ばすことになる取り組みはこれが初めてであり、Cadelerの循環性を重視するという目標に沿ったものであると述べています。

大型化に向けたサイクルが加速している洋上風力の分野において、短い期間で施工スペックとして不十分な施工機械がアップグレードされていく中、今後もクレーンの再利用という試みが増えてくるかもしれません。

確かに洋上風力の施工クレーンとしては物足りないとしても、他の重量物を吊り上げるクレーンとしては十分な能力を持っている。Hapo International Bargesが現在所有しているクレーン船はクローラークレーンを搭載しているクレーン付き台船を除くと3隻。そのうち最も大きなものでも660トン吊りなので、1,200トン吊りのクレーン船をラインナップに加えることは大幅な施工能力向上につながるといえる。

船名H-332
(PLM 15000 E)
Lara 1 Missing Link
クレーン能力660トン 250トン 250トン
長さ100m59.9m76.6m
33m23.4m22.0m
深さ7.6m4.5m4.6m
建造年バージ:2009年
クレーン:2020年
1986年1967年
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。