大金重工が2隻目のフランス向けモノパイル出荷、20本積込に7日間

大金重工が2隻目のフランス向けモノパイル出荷、20本積込に7日間 洋上風力発電
スポンサーリンク

大金重工が2隻目のフランス向けモノパイル出荷

中国のDajin Offshore Heavy Industry(大金重工)はフランスの「Iles d’Yeu et de Noirmoutier offshore wind farm」向けとなる2隻目のモノパイルを出荷したと発表。

巨大なモノパイルを20本積んで中国の山東省煙台市蓬莱区にある生産基地を出港したのは、Boskalisの半潜水式重量物運搬船「Blue Marlin」。2カ月前の2024年2月に中国を出発した1隻目の「Black Marlin」は積載本数11本だったので、2隻目の20本と合わせると計31本。「Iles d’Yeu et de Noirmoutier offshore wind farm」で設置予定の風力タービン全62基の半分を出荷したことになる。

モノパイル1本当たりの重量はおよそ700トン。20本だと約14,000トンになる計算ですが、半潜水式重量物運搬船「Blue Marlin」の載貨重量トン数(DWG,Deadweight)は76,292トンであるため全く問題無い。

モノパイル20本の積込に7日間

出典:Dajin Heavy Industry

大金重工は、LinkedInへの投稿でモノパイル20本を運搬船「Blue Marlin」へ積み込む作業に7日間かかったと述べています。

積込が完了した荷姿を見ると甲板がモノパイルでほぼ見えない程、限界までモノパイルを搭載。美しいです。

「Blue Marlin」のAIS情報によると、フランスへ向け中国を出港したのは4月6日。

半潜水式重量物運搬船「Blue Marlin」

船名Blue Marlin
総トン数51,821トン
載貨重量トン76,292トン
長さ224.8m
63.0m
深さ13.3m
最大甲板深度船首:11.4m
船尾:15.1m
船籍マルタ
建造年2000年
半潜水式重量物運搬船「Blue Marlin」
出典:Wikipedia | Public Domain, Link

Iles d’Yeu et de Noirmoutier offshore wind farmの概要

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました