Havframの新造船にもHuismanのクレーンを搭載

Havframの新造船にもHuismanのクレーンを搭載起重機船-世界

 つい2日前にCadelerのF-classと呼ばれるSEP起重機船に搭載するクレーンの受注を発表したばかりのHuismanですが、Havframの新造船に搭載するクレーンについても受注したことを発表。2021年の初めから数えてLEC(Leg Encircling Crane)の注文は13基目になるそうです。

スポンサーリンク

Havframの新造船にもHuismanのクレーンを搭載

 Huismanが発表したプレスリリースによると、Havframが中国のCIMC-Rafflesで建造中のSEP起重機船に搭載するクレーンについて受注したことを発表。搭載するクレーンは、LEC(Leg Encircling Crane)で吊り上げ能力は3,000トン以上。Havframの掲載記事ではクレーン能力3,250トンとなっていましたが、Huismanのプレスリリースでは3,000トン以上という表記でした。

LEC(Leg Encircling Crane)とは?

 LEC(Leg Encircling Crane)とは、ジャッキアップを行うSEP起重機船で使用するために設計されたクレーン。レグの周りにクレーンを設置するため、省スペースという利点があり、さらにテールスイングが小さく貴重な甲板スペースを最大限に使用することが出来る。

Havframの新造船にもHuismanのクレーンを搭載
Havframが建造中のSEP起重機船
出典:Huisman

 搭載されるフル電動のLEC(Leg Encircling Crane)は、ブーム長さ155mで、甲板上から約180mの揚程があるそうです。

 クレーンは、CadelerのF-classと同様に中国の福建省漳州市にあるHuisman (China)で製造される予定。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました