ノルウェーのHavframは中国で3,250トン吊りのSEP船を建造中

ノルウェーのHavframは中国で3,250トン吊りのSEP船を建造中起重機船-世界

 ノルウェーのHavframは中国のCIMC-Rafflesとの造船契約の締結後、最初の船が現在建造中であることを確認したと発表。建造中のSEP船に搭載されるクレーン能力は3,250トン吊りで、20MW以上の洋上風車設置を想定している。

スポンサーリンク

ノルウェーのHavframは中国で3,250トン吊りのSEP船を建造中

 2022年12月12日に発表されたHavframの記事によると、主要なスポンサーから2億5千万ドル、日本円で約342億円(1ドル=137円として換算)の株式資金を確保したことを発表。その資金は最先端のメガSEP起重機船建造に充てられると述べ、さらに中国のCIMC-Rafflesと造船契約の締結後、最初の船が現在建造中であることを確認したと発表した。

20MW以上の洋上風車設置を想定

出典:Havfram

 まだ世の中には20MWの風車はありませんが、近年の風車大型化の進化スピードは目覚ましいものがあるので、20MW以上の洋上風車が設置されるのも時間の問題でしょう。

NG-20000Xの標準仕様

型式NG-20000X
長さ151.1m
58.0m
甲板スペース5,600m2
レグ長さ120m
最大作業水深70m

 建造中のSEP起重機船は、20MW以上の洋上風車設置を想定して設計されていて、搭載されるクレーンの吊り上げ能力は3,250トン。最大で水深70mの海域での作業が可能。

 船体の設計は、NOVの海洋事業の一部であるGustoMSCによるもの。NG-20000Xという型式。最新のバッテリーハイブリッド運転技術が搭載され、以前のモデルと比較して炭素排出量を70%以上削減するように設計されているそうです。

 完成予定の記載はありませんでした。同じCIMC-Rafflesで建造中のSEP起重機船「Boreas」でも2024年完成予定なので、それよりは後になると思われる。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました