SEP起重機船「振新1600」レグによる船体昇降試験を完了

SEP起重機船「振新1600」レグによる船体昇降試験を完了 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

SEP起重機船「振新1600」レグによる船体昇降試験を完了

2024年5月8日、中国で上海振新船務有限公司向けに建造している1,600トン吊りSEP起重機船「振新1600」(Zhen Xin 1600)の船体昇降試験がおこなわれ、無事に完了。

船体昇降試験は約10時間に渡って実施され、長さ118mのレグ最上部まで船体を上昇。ラックプレート、ギア、ガイドプレートの構成やブレーキ、昇降システム、モーターの安全システムが正常に機能することを重点的に確認したという。今後は海上公試に向けた準備がおこなわれるということですが、完成・引き渡し時期は不明。

ラック・アンド・ピニオン(rack and pinion)

ラック・アンド・ピニオン(rack and pinion)
出典:Wikipedia | OSHA Directorate of Technical Support and Emergency Management – Point of Contact Between a Rack and Pinion. オリジナルのアップロード者は英語版ウィキペディアのBrian0918さん, パブリック・ドメイン, リンクによる

SEP起重機船「振新1600」のレグはトラス構造で昇降装置にはラック・アンド・ピニオン(rack and pinion)と呼ばれる回転力を直線の動きに変換する歯車方式を採用。近年建造されている大型SEP起重機船のほとんどがこのタイプ。

船体昇降装置としてラック・アンド・ピニオンの他には「CP-16001」で採用されている連続式油圧ジャッキシステムがあります。

1,600トン吊りSEP起重機船「振新1600」の概要

船体の大きさは、長さ123.95m、幅48m、深さ9.5m。1,600トン吊りのメインクレーンと250トン吊りの補助クレーンを搭載し、レグ長さは118mで最大作業水深は70m。自航式で船尾には2,400kWのアジマススラスター3基、船首には2,000kWのバウスラスター2基があり、DP-2の自動船位保持装置を搭載。完成すると16~18MWの風力タービン設置が可能。

船名振新1600
クレーン能力1,600トン
長さ123.95m
48m
深さ9.5m
レグ長さ118m
最大作業水深70m
宿泊設備118人
DPSDP-2
進水前の1,600トン吊りSEP起重機船「振新1600」
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました