100mのマスト3本を備えた大型クルーズ帆船、2026年完成予定

100mのマスト3本を備えた大型クルーズ帆船、2026年完成予定 船舶
スポンサーリンク

大型クルーズ帆船「Orient Express Corinthian」

フランスを本拠とし世界規模でホテルチェーンを展開するアコー(Accor)のグループ会社オリエントエクスプレス(Orient Express)がアトランティーク造船所(Chantiers de l’Atlantique)と建造契約を締結している「Orient Express Silenseas」と呼ばれるシリーズ船2隻の大型クルーズ帆船。それぞれ、2026年3月と2027年9月に引き渡しが予定されています。

およそ1ヶ月ほど前にあたる2024年3月28日、フランスのアトランティーク造船所で1隻目にあたる大型クルーズ帆船のSteel Cutting Ceremonyがおこなわれ、建造を開始。同時に1隻目の船名は「Orient Express Corinthian」であることが発表されました。

長さ220mの船体には高さ100m以上のマスト3本を搭載

建造中の大型クルーズ帆船「Orient Express Corinthian」は長さ220m、総トン数22,300トン。船内には広さ平均70m2のスイートルームが54室と900m2のプレジデンシャルスイートがあるほか、2つのレストランやスイミングプール、バーなどが設置されているという。

最大の特徴である帆装に「SolidSail」と呼ばれる革新的な技術を採用しており、高さ100m以上の3つのマストには、それぞれ1,500m2の表面積を持つ剛性帆が吊り上げられ、気象条件によっては帆が受ける風の力だけで100%の推進力を発揮するそうです。

帆装による風力と液化天然ガス(LNG)で稼働する最先端の2元燃料エンジンを組み合わせたハイブリッド推進方式を採用し、地球環境への対策も施されています。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました