☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

下関市の旭洋造船で新捕鯨母船「関鯨丸」の起工式

下関市の旭洋造船で新捕鯨母船「関鯨丸」の建造開始 船舶
スポンサーリンク

下関市の旭洋造船で新捕鯨母船「関鯨丸」の起工式

 2023年6月21日、農林水産大臣による許可に基づき排他的経済水域内において国内で唯一商業捕鯨をおこなう共同船舶株式会社は、老朽化した現行の「日新丸」に代わる新たな捕鯨母船「関鯨丸」の起工式をおこないました。

 新造船の建造は山口県下関市の旭洋造船が手掛けており、建造を開始する安全祈願式を2023年2月におこなっている。

排他的経済水域とは?

 排他的経済水域(EEZ,Exclusive Economic Zone)とは、海洋法に関する国際連合条約に基づいて設定される自国の基線(海)から200海里(370.4km)の範囲。海上・海中・海底、及び海底下に存在する水産・鉱物資源並びに、海水・海流・海風から得られる自然エネルギーに対して、探査・開発・保全及び管理を行う排他的な権利(他国から侵害されない独占的に行使できる権利)を有する。

スポンサーリンク

新捕鯨母船「関鯨丸」の概要

新捕鯨母船「関鯨丸」
出典:共同船舶株式会社

 新造する捕鯨母船は、現在所有している捕鯨母船「日新丸」の老朽化に伴うもので、船名は「関鯨かんげい丸」。船名の由来は、下関市の「関」と「鯨」の字を使い、新しい母船を下関に「歓迎かんげい」するという意味が込められているという。新造捕鯨母船は2024年3月に引き渡し予定。

捕鯨母船「関鯨丸」の建造スケジュール
  • 2023年2月
    着工、安全祈願式
  • 2023年6月
    起工式
  • 2023年9月
    進水
  • 2024年3月
    竣工・引き渡し
船名関鯨丸
総トン数約8,970トン
長さ112.6m
21m
速力12ノット
定員91名
航続距離7,000海里
新造捕鯨母船の概要

 建造費用は約60億~70億円。全長112.6m、幅21m、定員91名、速力12ノット、航続距離は7,000海里で南極海への到達が可能。船尾部分にはスリップウェイ方式の揚鯨設備があり揚鯨ウインチを使用して70トンの揚鯨ができる。将来的な大型鯨種の捕獲枠追加にも対応。

 捕獲した鯨を船内で鯨肉原料として生産して貯蔵する保冷庫は従来の巨大冷艙から複数のリーファーコンテナへに変更し、冷凍鯨肉が少ないときの電力消費量を抑えることが可能。20フィートコンテナ40基、袋製品保冷庫60tで合わせて860トンの冷艙容量を備えている。

スポンサーリンク

日本は2019年7月1日から捕鯨業を再開

 日本は2019年6月30日にIWC(国際捕鯨委員会)を脱退し、2019年7月1日から大型鯨類を対象とした捕鯨業を再開しています。

 捕鯨については世界各国で賛否が分かれていますが、日本政府の立場は科学的な調査をもとに一部の絶滅危惧種を除いて捕鯨を行うというもの。日本国内でもいろいろな意見がありますが、闇雲に鯨を捕獲しているのではなく、調査を行った上で捕獲量を管理しているという点は認識しておきたい。

我が国の捕鯨についての基本的考え方

我が国は、以下の基本認識の下、令和元年(2019年)6月30日をもってIWCを脱退し、同年7月1日から大型鯨類を対象とした捕鯨業を再開しました。

( 1 )鯨類資源は重要な食料資源であり、他の生物資源と同様、最良の科学事実に基づいて、持続的に利用されるべきである。

( 2 )食習慣・食文化はそれぞれの地域におかれた環境により歴史的に形成されてきたものであり、相互理解の精神が必要である。

捕鯨を取り巻く状況:水産庁 (maff.go.jp)

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました