☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

イギリスの砂浜に「SEE MONSTER」出現

イギリスの砂浜に「SEE MONSTER」出現 観光、レジャー

 パブリックアートとしてイギリスの砂浜に姿をあらわした「SEE MONSTER」。一般公開が始まり、実際に頂上まで上がって体験する事が出来るそうです。夜には400機のドローンを使用したドローンショーも開催。

スポンサーリンク

パブリックアート「SEE MONSTER」

出典:SEE MONSTER

 「SEE MONSTER」は、2022年3月から10月にかけて開催されるUnboxed2022の一環として、イギリスのウェストン・スーパー・メアで展示されるパブリックアートインスタレーション(public art installation)。

石油プラットフォームを改造

出典:SEE MONSTER

 「SEE MONSTER」は、北海で実際に使用されていた石油プラットフォームが寿命を迎え撤去されたもの。撤去後、オランダの造船所で不用な部材を取り外し、清掃してイギリスのウェストン・スーパー・メアの砂浜に運搬。滝や木々などいろいろな装飾が施されてパブリックアートとして再生。

完成前のイメージと実物の比較

 完成前のイメージと比較するとほぼそっくり。なかなかの完成度で仕上がっています。総重量450トン、高さ35m。

11月5日まで展示予定

 完成は当初の予定より少し遅れたようですが、9月24日から一般公開を開始。11月5日まで展示・公開される予定で入場は無料。展示のほかにも付近で様ざまなイベントが開催される予定で、400機のドローンを使用したドローンショーも行われている。

SEE MONSTER Drone Show

終了後は解体されリサイクルへ

出典:SEE MONSTER

 展示期間終了後、「SEE MONSTER」は解体される予定。プラットフォームは98%~100%がその後リサイクルされるようです。使用されていた植物などの木々は、展示が行われているウェストン・スーパー・メアの町に贈られ、公園などに植えられるという。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました