☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

ノルウェー大手フェリー会社が自律運航フェリー4隻の建造発表

ノルウェー大手フェリー会社が自律運航フェリー4隻の建造発表 船舶
スポンサーリンク

Fjord1が自律運航フェリー4隻の建造発表

Fjord1の掲載記事

Tersan Shipyard skal byggje ferjene til Lavik-Oppedal

(Tersan Shipyard はラヴィク – オプペダル行きのフェリーを建造する)

https://www.fjord1.no/Aktuelt/Tersan-Shipyard-skal-byggje-ferjene-til-Lavik-Oppedal

ノルウェー大手フェリー会社のFjord1は、トルコのTersan Shipyardとバッテリー駆動となる完全電気自律運航フェリー4隻の建造契約を締結したと発表しました。

4隻のフェリーは2026年9月にノルウェーの Lavik – Oppedal 間で運航を開始する予定。2027年に係留を含む高度な自動化機能と完全自律運航の認証に向けた段階的アプローチを開始、そして2028年に自律運航の実装を目指すという。

フェリーは、ノルウェー南西部のベルゲン(Bergen)から北へ約80kmにあるソグネ・フィヨルド(Sognefjorden)で運航する予定。Lavik~Oppedalの航行距離は約5.6km(約3海里)。

スポンサーリンク

建造する自律運航フェリーの概要

出典:Fjord1
船種バッテリー駆動完全電気自律運航フェリー
(Battery Powered Full Electric Autonomous Car and Passenger Ferry)
船体設計HAV Design
長さ120m
19m
クラスDNV: +1A – E0 – R4(nor) – FERRY B –
BATTERY (POWER) – SHORE POWER – Cyber secure (Essential)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。