大分ホーバークラフト2番船「Banri」検査合格、引き渡しへ

大分ホーバークラフト2番船「Banri」検査合格、引き渡しへ 国内ニュース
スポンサーリンク

大分ホーバークラフト2番船「Banri」検査合格、引き渡しへ

2023年11月16日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち2番船「Banri」について国の最終検査がおこなわれ、合格。17日までにイギリスの製造会社Griffon Hoverworkから大分県に引き渡しされるという。

大分ホーバークラフト2番船「Banri」が運搬船に積まれて日本に到着したのは11月8日。到着から引き渡しまでの日数は9日間。1番船「Baien」は15日間だったので比較すると6日間、40%も短縮されています。

しかし、報道されている情報によると、大分県に引き渡された後に運航事業者へ引き渡されるのは貸し付け契約を経て12月中旬になるという。この運航事業者への引き渡しがおこなわれるまでの1ヶ月間は操縦訓練の機体として使用できないということなのでしょうか。その辺がいまいち理解できませんでした。

1番船「Baien」では操縦訓練が開始された初日の11月8日に事故が発生。こんな事情の時なので引き渡された2番船「Banri」の機体を使用して一刻も早く運航開始に向けた操縦訓練を始めて欲しいという気持ちが強くなってしまう。しかし、こんな時だからこそ万全の体制を整える事が運航開始に向けた最短ルートであるようにも思えます。

そして、近日中に運航事業者から事故調査結果や今後の安全対策について公表される予定だという。今後、運航開始を見据えどのような対策を講じるのかについては要注目。1番船「Banri」の復旧については、修理の手続きを調整している段階ということなので早期復旧は厳しそう。

船名イギリス
出港日
日本
到着日
運搬日数
(英→日)
到着から納入
までの日数
納入日当初の
納入予定日
遅延日数
Baien7月15日8月24日40日15日9月8日2023年7月20日50日
Banri9月20日11月8日49日9日11月17日2023年10月12日36日
Tanso2024年1月18日
大分ホーバークラフト3隻の運搬実績
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました