ハンブルクに37個のコンテナを使用した巨大なアート作品

ハンブルクに37個のコンテナを使用した巨大なアート作品 観光、レジャー
スポンサーリンク

ドイツのハンブルクに輸送用コンテナを使用した巨大なアート作品

Liebherrの掲載記事【2023年11月16日掲載】

Liebherr mobile crane erects “Ottifant” artwork in Hamburg

(リープヘルの移動式クレーンがハンブルクに「オッティファント」のアートワークを設置)

https://www.liebherr.com/en/jpn/latest-news/news-press-releases/detail/liebherr-mobile-crane-erects-ottifant-artwork-in-hamburg.html

2023年11月16日、ドイツの建設機械メーカーLiebherrは、ハンブルクのクルーズターミナル Cruise Center Altona に輸送用のコンテナを使用した巨大なアート作品が設置されたことを発表しました。設置作業では、ドイツのクレーンレンタル会社KNAACK-KRANEが所有するLiebherrの自社製品クレーンLTM 1230-5.1が使用されたそうです。

巨大なアート作品を設置する作業は4日間に渡っておこなわれ、展示される期間は10月中旬から11月中旬。なので間もなく撤去されてしまうのかもしれません。Googleマップで確認すると、「Global Gate by Otto Waalkes」に多くの方が画像を投稿されていました。

型式LTM 1230-5.1
最大吊上重量230トン
伸縮ブーム最大75m
ラティスジブ最大43m
最大揚程111m
最大作業半径86m
230トン吊りオールテレーンクレーン「LTM 1230-5.1」
出典:Liebherr
スポンサーリンク

コンテナ37個使用、Otto Waalkesによるアート作品

出典:KNAACK-KRANE
出典:Liebherr

作品に使用されているコンテナの数は37個。20フィートコンテナを5段に積み重ねた6本の土台に40フィートコンテナを4つ載せ、さらにその上に20フィートコンテナ3つを載せています。

設置したコンテナは空の状態ではなく、中に砂が入れられており15トンまで重量を増加。さらに下段のコンテナにはサポートが溶接され、積み重ねられたコンテナはボルトで固定されているという。積み上げたコンテナを頑丈に固定する理由は、強風と高潮によってコンテナが倒壊するのを防ぐための対策。

40フィートコンテナ
出典:Wikipedia | By Arizonaman1 – Own work, CC BY-SA 4.0, Link
コンテナサイズ20フィート40フィート
長さ6.058m12.192m
2.438m2.438m
高さ2.591m2.591m
自重約2.3トン約3.9トン
コンテナの大きさ
左側がOtto Waalkes氏
出典:Liebherr

積み上げられたコンテナにはアルミフレームが取り付けられ、ドイツのコメディアンでアーティストのOtto Waalkes氏が描いた作品の横断幕が並べられています。そして、コンテナの最上段に載せられているのは、Otto Waalkes氏がデザインした象のキャラクター「Ottifants」4体。自身がリリースした最初のアルバムジャケットに描かれていたそうです。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました