女川町で日本最大の起重機船「海翔」による中央径間架設中!

女川町で日本最大の起重機船「海翔」による中央径間架設中! 国内ニュース
スポンサーリンク

女川町で日本最大の起重機船「海翔」による中央径間架設中!

2024年12月の完成を目指して建設が進められている宮城県女川町の離島 出島いずしまと本土を結ぶ出島架橋事業で、いよいよ中央径間の架設作業が開始されました。

架設作業前日の11月15日に女川港内で中央径間の吊り上げがおこなわれ、起重機船「海翔」は吊り上げた状態のまま架設位置に近い停泊場所まで移動していました。架設作業はYouTubeの女川町公式チャンネルでライブ配信がおこなわれています。無事に架設作業が終わりますように・・。

LIVE配信予定の女川町公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-lh7lt2dg2j

スポンサーリンク

日本国内でナンバー1の起重機船「海翔」

起重機船「海翔」による架設作業がおこなわれている中央径間は、三重県にあるJFEエンジニアリング津製作所で製作されたあと、輸送可能なブロックに分割して台船に積み込まれ三重県から宮城県女川町まで4回に分けて海上輸送されたという。その後、女川港石浜ヤードで一括架設用の大ブロックに組み立てをおこない、橋の中央部分にあたる中央径間が完成。中央径間の上部工部材に使用されている鋼材重量は約2,500トン。

ライブ配信内で最終的な重量は約2,800トンという説明がされていた巨大な中央径間。架設するのは日本国内最大の起重機船「海翔」。その最大吊り上げ能力は4,100トン。国内には起伏式でジブを2本搭載している「海翔」と同じような仕様の大型起重機船は「海翔」以外に3,700トン吊りの「武蔵」(深田サルベージ建設所有)と「第50吉田号」(吉田組所有)の計3隻しかいません。その中でも吊り上げ能力と揚程が最も大きいのは「海翔」。

船名所有会社最大吊り上げ能力※揚程
海翔寄神建設株式会社4,100トン117.9m
武蔵深田サルベージ建設株式会社3,700トン107.1m
第50吉田号株式会社 吉田号3,700トン106.0m
※最大吊り上げ能力でアウトリーチ最大時の下側フック揚程
スポンサーリンク

作業を見ると分かる起重機船の豆知識

起重機船「海翔」による作業は見るだけで、壮大なまでの大きさと絶大なパワーを感じることが出来ます。ですが、もう少し詳しく起重機船の仕組みを知り、作業の要点や工夫されているポイントを理解することで今までとはひと味違うワンランク上の魅力を感じることが出来るかもしれません。

今回おこなわれている作業で紹介するのは、ディスタンスビームとバラストについて。

ディスタンスビームとは、フックとフックの間を一定距離に保持するための部材。元々フックがある平面位置から離れた位置に玉掛けすると、張り合わせた時にフックが外側や内側に移動してしまう。これによりフックに掛けられている主巻ワイヤーがジブトップの滑車から外れたり、角度が付くことによって主巻ワイヤー自体がジブトップの部材に干渉するといった現象が起きてしまう。ディスタンスビームの使用目的は、この現象を防ぐため。

側径間架設時はアーチ部分と橋桁部分を左側・右側のフックにより、2つの部材を同時に吊り上げた状態で作業をおこなっていました。架設作業では前後のフックで傾きを調整する必要があり、1部材ずつ架設をおこなうため左右のフックを連動させて動作することが出来ない事からディスタンスビームは外されていたようです。

しかし、中央径間の吊り上げ作業では吊荷が大きく、玉掛けをおこなっている吊り点間が広くなるため、左右のフックを連結するディスタンスビームを装着しているのが確認できます。

吊り上げ前の船体と吊り上げ後の船体を見比べると一目瞭然。吊り上げ前の船体は、船尾側が海面際まで沈み込み、船首側はカットアップと呼ばれる斜めの切り込みが見えている状態で船体は前後で大きく傾いています。ですが、中央径間を吊り上げた後の船体は、船首側が沈んで船尾側は少し浮き上がり傾きがほぼ無くなっているのが分かります。

起重機船のバラスト調整については知っている方も多いと思いますが、吊荷の重量が重たいだけにバラスト量も半端ないようで、その見た目の変化に気付くだけでもワクワクします。

スポンサーリンク

日本最大の4,100トン吊り起重機船「海翔」

船名海翔
クレーン能力4,100トン
長さ120.0m
55.0m
深さ7.5m
建造年1987年
所有会社寄神建設
日本最大の起重機船「海翔」
出典:YouTube | 女川町公式チャンネル

「出島架橋」に関する記事

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む