☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

世界最大のクルーズ船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」運航開始

世界最大のクルーズ船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」運航開始 船舶
スポンサーリンク

世界最大のクルーズ船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」運航開始

2024年1月27日、世界最大のクルーズ船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」(Icon of the Seas)がアメリカ南東部のフロリダ州にあるマイアミ港を出港し、運航が開始されました。

クルーズ船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」は、アメリカの大手クルーズ船企業ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(Royal Caribbean International)の新造船。フィンランドの造船所Meyer Turkuで建造され、それまで世界最大だった同社クルーズ船「ワンダー・オブ・ザ・シーズ」(Wonder of the Seas)の総トン数236,857トンを上回り、総トン数248,663トンで世界最大のクルーズ船。

Royal Caribbeanのクルーズ船では初となるLNG(液化天然ガス)燃料のクルーズ船。陸上電力接続や廃熱回収システムなど環境負荷を低減させる取り組みがなされている。

全長364.75m、幅48.47m、客室数2,805室、最大定員は乗客7,600人、乗組員2,350人で合わせると最大 9,950人の収容が可能。船内にある20のデッキは8つの「街」で構成されており、スイミングプール7面、ウォータースライダー6本、観覧車の他、40以上の飲食施設に加えて、トップクラスのシンガーやダンサーによるエンターテインメントプログラムなどが用意され、全ての年代の乗客が楽しむことが出来るという。

船名Icon of the Seas
総トン数248,663トン
長さ364.75m
48.47m
深さ22.4m
客室数2,805室
定員乗客:7,600人
乗組員:2,350人
世界最大のクルーズ船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」
出典:Royal Caribbean International
スポンサーリンク

アンバサダーはサッカー界の”アイコン”リオネル・メッシ選手

クルーズ船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」は、昨年2023年11月27日に引き渡しがおこなわれた後、スペインのカディスで最終的な艤装作業をおこない、2024年1月10日にアメリカのマイアミ港へ到着。そして、2024年1月23日におこなわれた命名式では「アイコン・オブ・ザ・シーズ」のアンバサダーを務めるサッカーのリオネル・メッシ選手によって洗礼を受けたという。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました