Seajacksの新造SEP起重機船は「ネッシー」と「セイレーン」

seajacks-new-sep-crane-vessels-are-nessie-and-siren-00起重機船-世界
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新造船の船名は「ネッシー」と「セイレーン」

 2021年5月11日と同年12月2日に、Eneti(エネティ)が建造を発表していた2隻の2,600トン吊りSEP起重機船の船名が公表されました。

 その名も「ネッシー(nessie)」と「セイレーン(siren)」。

 所有するのはEneti(エネティ)の子会社、Seajacks(シージャックス)。建造は韓国の大宇造船海洋(Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering)。完成予定は1隻目が2024年 第3四半期、2隻目が2025年 第2四半期。

 契約価格はそれぞれ3億3000万ドル(419億円)、3億2600万ドル(414億円)。

SEP起重機船「ネッシー(nessie)」

吊上能力2,600トン吊
クレーンメーカーHuisman
長さ148m
56m
深さ11.5m
レグ長さ109m
建造年2024年 第3四半期 又は 2025年 第2四半期
(同型船 NessieとSiren)
建造場所Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering Co. (DSME):韓国
所有会社Seajacks UK Limited
SEP起重機船「ネッシー(nessie)」

SEP起重機船「セイレーン(siren)」

吊上能力2,600トン吊
クレーンメーカーHuisman
長さ148m
56m
深さ11.5m
レグ長さ109m
建造年2024年 第3四半期 又は 2025年 第2四半期
(同型船 NessieとSiren)
建造場所Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering Co. (DSME):韓国
所有会社Seajacks UK Limited
SEP起重機船「セイレーン(siren)」

船名の由来

未確認生物 ネッシー

 ネッシーは世界的に知られている未確認生物の代表。イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの1891年の作品『オデュッセウスとセイレーンたち』

 セイレーンはギリシア神話に登場する海の怪物。上半身が人間の女性で、下半身は鳥の姿とされる。航路上の岩礁から美しい歌声で航行中の人を惑わし、遭難や難破に遭わせる。

Seajacksの船名は神話上の海の生物

空想上の巨大な海亀 Zaratan(ザラタン)

 Seajacksの船名はこれまでも神話上の海の生物を伝統的に採用しています。

 2021年4月に日本の秋田港に来た「Seajacks Zaratan」の船名も空想上の巨大な海亀を意味するZaratanを採用している。

 Seajacksが現在所有しているSEP起重機船は「Seajacks Zaratan」を含めて5隻。他の船名も紹介。

Seajacks Scylla

 ギリシア神話に登場する怪物。諸説あるが、陶器画や彫刻では女性の上半身と魚の下半身を持ち、腰から複数の犬の前半身が生えた姿で描かれるものもある。

Seajacks Hydra

 ヒュドラーはギリシア神話を代表する怪物の1つ、古典ギリシア語で水蛇を意味する。巨大な胴体に9つの首を持つ大蛇の姿をしていたが、首の数については100とする説もある。

Seajacks Leviathan

 リヴァイアサンは、旧約聖書に登場する海中に住む巨大な聖獣。その姿は、伝統的には巨大なクジラや魚、ワニなどの水陸両生の爬虫類で描かれるが、後世には海蛇や(それに近い形での)竜などといった形でも描かれている。

Seajacks Kraken

 クラーケンは近世ノルウェーに伝わっていた海の怪物。巨大タコとみなすことが通念となっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました